【医学部受験 選ばれる予備校 最終決定戦】
東京/AP新橋

リンクをコピー

多くの医学部合格者を輩出した実績と豊富な経験を持つ有力予備校が一堂に会し、個別相談を受け付けます。予備校別セミナーでは、指導方針、特色あるカリキュラム、学習環境なども確認できるので、“自分に合う予備校をじっくり研究できる”またとないチャンスです。

 

 

*********

※感染症への対応について

コロナウイルスによる新型肺炎やインフルエンザ等の感染予防のため、ご来場に際しては、マスクの着用や手洗い・うがいの励行等の感染防止対策を心がけられるとともに、咳エチケットにもご配慮いただきますようお願いいたします。咳や発熱などのなんらかの症状がある方は、ご来場をご遠慮ください。
なお、受付時にご来場者の体温を計測させていただきます。発熱がある方は、入場をご遠慮いただく場合がありますのでご了承ください。
運営スタッフや出展社等の関係者はマスクを着用いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

*********

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2020/3/1(日)
10:00~16:00(最終入場15:30)
会場
AP新橋
(東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前)
対象

医学部を目指す受験生・中高生とその保護者(入場無料)

主催

日本経済新聞社 イベント・企画ユニット

特別協賛

河合塾

協賛(参加予備校)

一会塾、京都医塾、メディカルラボ、代ゼミ個別メディカルスクール、

慧修会、メディセンス

イベント概要

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「情報力」「専門性」「相性」
3つの視点でじっくり選ぶ、あなたの “NO.1” 予備校
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

●「情報力」で選ぶ!
【特別講演/予備校別セミナー】
大手予備校は、豊富なデータに基づく的確な分析と、洗練されたカリキュラムで、毎年多くの生徒を医学部に送り出しています。特別講演や予備校別セミナーで医学部入試のトレンドや戦略を知ることができます。

 

●「専門性」で選ぶ!
【予備校別セミナー】
医系専門予備校は、私大医学部の配点や特殊な出題傾向に合わせた指導体制が魅力。各予備校の担当者や卒業生によるセミナーを通じて、資料やパンフレットでは分からない個性を見極め、自分に合った予備校を見つけましょう。

 

●「相性」で選ぶ!
【個別相談コーナー】
限られた時間で最難関を突破するためには、個々の学力や性格に合わせた対策が必須です。個別相談会場では、各予備校の担当者に直接、カリキュラムや学習環境・学費などについて聞くことができます。

 

★★★ セミナー終了後、そのまま個別相談(予約・抽選制、一部セミナーのみ) ★★★
一部の予備校別セミナーでは、事前に予約・当選された方を対象に、終演後の会場後方で個別相談をお受けします。セミナーを聞いてもっと知りたいこと、解消したい疑問点、入塾後の様子など、いろいろお尋ねください。数組のみの個別相談のため、待ち時間なく落ち着いて相談が出来ます。

※セミナーのみのお申込はできますが、個別相談(予約・抽選制)のみのお申込はできません。

タイムテーブル

昨年参加者の声(昨年申込者の出身・在籍校)

・それぞれの予備校の特徴が出ていて興味深かった(既卒・父)
・いろいろな予備校が一同に集まっていて助かります。(高2・母)
・ネットではわからない、講師の熱意が伝わってきた。(高1・母)

 

■昨年度のセミナー申込者 出身(在籍)校
【私立】浅野、市川、海城、開成、開智、学習院、関東学院、吉祥女子、共栄学園、慶應義塾高、慶應義塾中等部、京華女子、攻玉社、駒場東邦、静岡聖光学院、四天王寺、芝、秀明、城北、駿台甲府、西武学園文理、青稜、洗足学園、桐蔭学園、東京都市大学付属、桐光学園、桐朋、東邦大学附属東邦、豊島岡女子学園、獨協、日本大学東北、函館ラ・サール、星野、洛星、ラ・サール、立教新座、早稲田
【国公立】筑波大学附属駒場、東京都立青山、東京都立国分寺、群馬県立高崎、埼玉県立川越女子、静岡県立韮山、千葉県立千葉、鳥取県立鳥取西、新潟県立長岡、さいたま市立浦和、千代田区立九段中等教育学校

締め切り

2020/2/27(木)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本相談会の実施目的以外には使用いたしません。

お問合せ

医学部相談会事務局
TEL:03-5330-8022
受付時間 平日10:00~18:00、土・日・祝日は除く

登壇者SPEAKERS

神本 優氏

河合塾 麹町校校舎長

全国に校舎を展開する河合塾。その中でも医進専門特化校舎の麹町校には、全国から医学部入試に関する膨大なデータが集まり、そしてたくさんの合格者を輩出しています。そこには必ず共通点を見出すことができます。今回はそのポイントをお伝えします。生徒さんだけでなく、保護者の方も必聴です。

渡邊 雅史氏

代ゼミ個別メディカルスクール 室長

「親身の指導」を実践する代々木ゼミナールの個別指導では、医学部入試に精通したプロ講師がマンツーマンで指導します。さらに代ゼミの単科ゼミやフレックス・サテラインと組み合わせることで、一人ひとりに合わせた医学部合格に必要な学習計画が出来上がります。医学部受験指導特化の「代ゼミ個別メディカルスクール」には、この代ゼミのエッセンスをフル活用できる環境があります。現役医学部生とともに代ゼミの強みを話します。

渡辺 祐志氏

メディカルラボ 副統括校舎長

多くの受験生を医学部合格に導いてきたメディカルラボの各科目の講師とともに、医学部に合格するために必要なことは何なのか?合格するためにやっておくことは何か?合格できる生徒とできない生徒の違いなど、医学部の傾向をもとにした学習方法や合格へのポイントをお伝えします。

奥平 禎氏

慧修会 会長

数学力と科目バランス。これが受験の成否を左右します。数学は指導者の質によって勉強の成果に差が出ます。奥平独自の指導法(解法の体系化・アルゴリズムの研究)は教え子から「初見の問題も解ける」と絶賛。さらに慧修会の精鋭教務陣は効率を最大化するため、週1回の面談で全科目の学習計画を総合的にコーディネートします。本セミナーでは、数学を武器にする方法論と全科目コーディネートによる合格戦略を伝授します。

神本 優氏

河合塾 麹町校校舎長

全国59校舎を展開する河合塾。麹町校は医進専門特化校舎ならではの、膨大なデータと経験をもとに、受験生それぞれのスタートラインから医学部合格までの道すじを示して徹底的にサポートします。業界最大手の指導力をぜひその目でご確認ください。

石井 洋介氏/垣本 真吾氏

医学部予備校メディセンス 顧問医師/医学部予備校メディセンス 代表取締役CEO

「今日から、こんな1年を過ごすべき」――難病を克服し偏差値30から医師となったメディセンス顧問医師・石井洋介と、自身の兄も医師で周囲の半数が医師の道を選んでいる講師兼任メディセンス代表・垣本真吾が、対談形式で語り合います。どういったことを勉強するべきかの学習計画を立てることはもちろん大事ですが、【少人数定員制】だからこそわかる、その「前」に知っておきたいこと「すべて」を凝縮してお伝えします。

山口 じろう氏/川浦 祐介氏

一会塾代表 英語科講師/一会塾MEDICAL校舎長 数学科講師

医学部合格はスタートの3カ月で決まります。自分の“個性”を見直して改善に成功すれば夏からの飛躍が望めます。しかしそのためには、現時点での自分は、『医学部に合格できる人』なのかを厳しく見極めること。合格する人の”共通の特徴”とは?また、合格の鍵は「究極の自立」です。あなたの“個性”としっかり向き合い、あなたの“自立”を徹底的にサポートすることをお約束します。一期一会を大切に。

志村 好美氏

京都医塾 代表

平均倍率15倍とも言われ、熾烈を極める医学部入試。その超難関に対し、入塾テストによる選抜を行わず、毎年数多くの医学部合格者を輩出している予備校があります。その秘訣はいったいどこにあるのか?どんな学力からでも医学部に合格できる具体的な方法をお話しします。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる