大学の約束 トップメッセージフォーラム2018 Part2
「グローバルで活躍し、未来を創る人材とは何か」
私たちとともに考えてみませんか
~“世界基準”に向けた改革と社会の協働~

グローバル化、AI社会、人生100年時代等、劇的に変化しているグローバル社会やテクノロジー社会の中、次代の人材育成の最前線を担う大学では、「“世界基準”の人材を育成する教育がすでに始まっています。本フォーラムでは、これまでの日本的な価値観の人材規準とは違う、「グローバルで活躍し、未来を創る人材とは何か」「どのように育ててゆくのか」を、改革を先行している大学トップ、企業のゲストスピーカー、そしてご参加の皆様と考えてゆきます。企業の人材育成・採用部門、産学連携教育・研究担当部門をはじめ、社会やビジネスの変化に敏感な経営・マネジメント層全般、また「次代の教育」について関心の高い保護者層など、多くの方を対象としています。

概要OVERVIEW

開催日時
2018年11月29日(木)
13:00~17:25(予定)
会場
日経ホール
(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
受講料
無料
定員
500名
主催

日本経済新聞社

共催

リクルートマーケティングパートナーズ

協賛

上智大学、中央大学、東海大学、東京都市大学、 武蔵野美術大学、早稲田大学

申し込み締切日

2018年11月16日(金)

※申し込み多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

※結果発表は「参加券」の送付をもって代えさせていただきます。

※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本セミナーの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

「大学の約束~トップメッセージフォーラム2018~」事務局

TEL:03-3545-9832(10:00~18:00 土・日・祝日は除く)

プログラムPROGRAM

13:00~13:30 <セッション1>次代に向けて~世界をキャンパスにした教育と大学の役割~

ゲストスピーカー基調講演
村上 由美子 氏(OECD東京センター所長)

13:35~15:05 パネルセッション

山田 清志 氏(東海大学学長)
三木 千壽 氏(東京都市大学学長)
長澤 忠徳 氏(武蔵野美術大学学長)
村上 由美子 氏(OECD東京センター所長)
<ファシリテイター>
木場 弘子氏(フリーキャスター、千葉大学 客員教授)

15:20~15:50 <セッション2> “世界基準”リーダー輩出に向けた大学改革と社会との協働

ゲストスピーカー基調講演
八木 洋介 氏(people first 代表取締役)

15:55~17:25 パネルセッション

曄道 佳明 氏(上智大学学長)
福原 紀彦 氏(中央大学学長)
田中 愛治 氏(早稲田大学次期総長)
八木 洋介 氏(people first 代表取締役)
<ファシリテイター>
田中 陽(日本経済新聞社編集局編集委員)

登壇者SPEAKERS

曄道 佳明 氏

上智大学学長

1962年生まれ。上智大学理工学部機能創造理工学科教授。85年3月慶應義塾大学理工学部卒業、94年3月慶應義塾大学大学院理工学研究科博士後期課程単位取得満期退学。94年7月 博士(工学) 慶應義塾大学。98年4月上智大学に理工学部助教授として着任、2004年4月理工学部教授。専門は機械力学・制御、知能機械学・機械システム。学生センター長、入学センター長、学務担当副学長、グローバル化推進担当理事補佐等を歴任。17年4月第16代上智大学長に就任し、現在に至る。

福原 紀彦 氏

中央大学学長

1954年滋賀県生まれ。84年中央大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学後、杏林大学助手などを経て、中央大学法学部助教授、教授、法科大学院教授。弁護士。2007年から中央大学大学院法務研究科長(11年まで)、11年から学校法人中央大学総長(13年まで)、中央大学学長(14年まで)を務めた。また、放送大学客員教授、防衛省防衛施設中央審議会会長、公認会計士試験 委員、法科大学院協会理事、文科省大学設置学校法人審議会委員、日本私立大学連盟常務理事、大学基準協会理事、東都大学野球連盟理事長などを歴任。専門分野は民事法学。

山田 清志 氏

東海大学学長

1955年生まれ。北海道出身。80年早稲田大学法学部卒業、2003年東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻単位取得満期退学。1984年東海大学入職。米国・ハワイ州のハワイ東海インターナショナルカレッジ学長、学校法人東海大学国際戦略本部長、東海大学副学長などを歴任後、2014年より学校法人東海大学常務理事、東海大学学長。15年よりハワイ東海インターナショナルカレッジ理事長。専門は経済法、消費者法。10年にタイ王国モンクット王ラカバン工科大学より名誉博士の学位、11年にロシア連邦共和国モスクワ国立大学より名誉教授の称号、18年には極東連邦大学から名誉博士の学位を授与される。

三木 千壽 氏

東京都市大学学長

1972 年、 東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻修士課程修了。 東京工業大学理事、 副学長(教育・国際担当)を歴任。2013 年から東京都市大学副長(国際担当)、 国際センター長を経て、15年から現職。 専門は構造工学 、鋼構造学、橋梁工学。工学博士。

長澤 忠徳 氏

武蔵野美術大学学長

1953年富山県生まれ。78年武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。81年Royal College of Art, London修士課程修了。86年長澤忠徳事務所設立、代表取締役就任。87年国際デザインシンクタンク(英国)設立に参画。99年武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科教授就任。2015年武蔵野美術大学学長就任。16年Senior Fellow of the Royal College of Art. 専門分野:デザインコンサルティング、カルチュラル・エンジニアリング、デザイン論、デザイン教育。これまでに民間企業、地方自治体、政府のデザイン顧問や行政広報、オリンピック関連の各種委員、グッドデザイン選定審査員等、国内外でデザイン振興活動に尽力している。

田中 愛治 氏

早稲田大学 政治経済学術院教授

1951年、東京都⽣まれ。75年、早稲⽥⼤学政治経済学部卒業。85年、The Ohio State University ⼤学院政治学研究科博⼠課程修了し、Ph.D.(政治学)を取得。2006 年から早稲⽥⼤学教務部⻑、理事(教務部⾨総括)、グローバルエデュケーションセンター所⻑を歴任。⽂部科学省中央教育審議会委員、日本学術振興会委員等を多数務める。14年7⽉〜16年7月International Political Science Association 会⻑。主な著書に『熟議の効用熟議の効果』(編著)勁草書房,18 年、『政治学』(共著)有斐閣,03 年など。11月5日に早稲田大学第17代総長に就任予定。

村上 由美子 氏

OECD東京センター所長

上智大学外国語学部卒、スタンフォード大学院修士課程(MA)、ハーバード大学院経営修士課程(MBA)修了。その後約20年にわたり主にニューヨークで投資銀行業務に就く。ゴールドマン・サックス及びクレディ・スイスのマネージング・ディレクターを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任。OECDの日本およびアジア地域における活動の管理、責任者。政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、及び経済政策提言を行う。著書に「武器としての人口減社会」がある。

八木 洋介 氏

people first 代表取締役

京都大学経済学部卒業。1980年日本鋼管(現JFEスチール)入社。92年マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院で修士号(MBA)を取得。99年よりGEにおいて日本およびアジアの人事責任者を歴任。2012年4月よりLIXILグループ執行役副社長(人事・総務担当)。全世代を対象としたリーダーシップ研修の立ち上げ、女性の活躍などを多角的に推進した。17年1月people firstを設立。人事のスペシャリストとして、常に明確で強いメッセージを発信し続ける。

木場 弘子 氏

フリーキャスター、千葉大学 客員教授

1987年TBS入社。同局初の女性スポーツキャスターとして『筑紫哲也ニュース23』などで活躍。92年与田剛氏(現・楽天投手コーチ)との結婚を機にフリーランスに。教育や環境に関わる仕事が多く、講演や執筆、TV出演など幅広く活躍。生活者の視点を大切に7つの省庁で審議会に参加。各界トップへのインタビューは300人を超える。昨年、「予防医学指導士」の資格を取得。2013年より千葉大学客員教授。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR