【タイ・バンコク開催】
NIKKEI FORUM
「変貌するアジアの消費~さらなる拡大を目指して」

アジアは、かつてないスピードで成長を遂げています。多くの生活者が物質的な豊かさを享受できるようになり、次に楽しい体験や精神的な充足感を求めるようになってきました。ネット優勢の時代の中で、リアル店舗の役割や将来性、そしてアジアの消費者の心をつかむ工夫や戦略を、日本とアジアを代表する経営者に聞きます。また、顧客を広げるために必要なECサイト運営やキャッシュレス対応などデジタルトランスフォーメーション策についても議論します。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2018年10月19日(金)
13:00 ~ 16:30(タイ時間)
会場
インターコンチネンタル・バンコク
主 催

日本経済新聞社

協 賛

PwCタイ

言 語

日英の同時通訳がございます。

受講料

2,000THB + VAT7%

定 員

150名

お問い合わせ

日経フォーラム・バンコク事務局(株式会社メディエーター内)

Tel:  +66-(0)2-392-3288 (タイ時間9:30-17:30、土日およびタイの祝日を除く)

Email: nikkeiasia@mediator.co.th

 

プログラムPROGRAM

13:00 ~ 13:10 主催者挨拶

飯田 展久 
日本経済新聞社 アジア編集総局長

13:10 ~ 13:50 基調講演 「MUJIの世界観と海外戦略」

松﨑 曉 氏
良品計画 代表取締役社長

14:00 ~ 14:30 講演

ジェームス・ドン 氏
ラザダ・タイランド(アリババ・グループ)CEO

14:30 ~ 15:00 コーヒーブレイク

15:00 ~ 15:30 講演 「デジタル化の波に乗れるか?飲まれるか? テクノロジーが牽引する企業経営におけるビジネスリーダーへの示唆」

竹内 大 氏
PwCタイ コンサルティングパートナー

15:30 ~ 16:30 パネルディスカッション 「アジアで進む消費者のデジタルトランスフォーメーション」

<パネリスト>
ジェームス・ドン 氏 ラザダ タイ CEO
竹内 大 氏 PwCタイ コンサルティングパートナー
ワスナ・ラソーラス 氏 ナライ・インタートレード 社長(写真)

<モデレーター>
小平 龍四郎 日本経済新聞社 アジア編集委員
※敬称略、順不同。
※演題、講師、講演内容、講演の時間帯は予告なく一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

登壇者SPEAKERS

松﨑 曉 氏

良品計画 代表取締役社長

1954年生まれ。78年西友ストアー(現合同会社西友)入社。2005年良品計画入社、海外事業部アジア・業務担当部長。08年執行役員海外事業部中国担当、11年取締役海外事業部長、12年常務取締役海外事業部長、13年専務取締役海外事業部長。入社以来、一貫して海外事業を担当し、新規国含む海外事業の拡大、国内外の組織作りに尽力。15年5月代表取締役社長に就任、現在に至る。同年5月には株式会社MUJIHOUSE代表取締役社長に就任。良品計画グループ全体の企業価値向上に取り組む。

ジェームス・ドン 氏

ラザダ・タイランド(アリババ・グループ)CEO

マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て、2015 年から中国の電子商取引(EC)最大手、アリババ集団のグローバル戦略・経営企画部門トップに就任。同社CEOのダニエル・チャン氏の補佐役として活躍。ラザダの買収成立にも尽力。ケンブリッジ大学でMBA取得。

竹内 大 氏

PwCタイ コンサルティングパートナー

1998年プライスウォーターハウスコンサルタント株式会社入社。以来20年間、一貫してコンサルティングサービス業務に従事。製造業、製薬業、通信業、官公庁などさまざまな業界に対し、戦略の立案から実行まで幅広いコンサルティングサービスを提供。
2018年より、PwCタイへ赴任し、タイにおける日系企業を対象に、ローカルスタッフとともにさまざまなコンサルティングサービスを提供。

ワサナ・ラトゥーラス 氏

ナライ・インタートレード 社長

1953年生
1989年 工場を設立。ナライパン(国営の土産屋)で商品を販売開始。
1996年 “NaRaYa”を商標登録
2008年 ブリラムに2工場を設立。
2016年 パトゥムターニーに流通センターを設置
2018年 "NaRaYa"の姉妹ブランド "Lalama", “NARA”, “Evangelisa” “Aphrodite”を立ち上げる

受賞歴:
2017年 タイ国家イノベーション庁よりタイのInnovation Inspirers100人に選ばれる
2018年 Outstanding ASEAN Women Entrepreneurs授賞

飯田 展久

日本経済新聞社 アジア編集総局長

1987年日本経済新聞社入社。大阪で事件記者、東京で流通・サービス業界の担当などを経て、1999年~2002年インドネシア・ジャカルタ支局長。アジア通貨危機やスハルト元大統領退陣後の混迷極まるインドネシア情勢を取材。帰国後、東京で企業取材のキャップ、マクロ経済のデスクなどを務めた後、消費産業部長、企業報道部長。2015年~2017年日経ビジネス(日経BP社)編集長、同年4月から現職。1963年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。

小平 龍四郎

日本経済新聞社 アジア編集局編集委員

2018年4月に現職。アジアの視点からグローバル経済、産業、金融・資本市場をカバー。2008年9月より8年半に渡って日本経済新聞編集委員兼論説委員(資本市場担当)。それに先立ち、経済金融部編集委員兼論説委員。2000年から2004年まで同社欧州総局(ロンドン)で金融分野を取材。それ以前は同社証券部で証券会社・市場、企業財務などを担当。1988年に早稲田大学第一文学部を卒業し、日本経済新聞社入社。1964年4月生まれ。主な著書は「グローバルコーポレートガバナンス」

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR