20周年記念オープン・フォーラム
第3期 「価値創造リーダー育成塾」 第7回

「企業の価値」が注目される現在、新たなる価値創造を目指す企業活動のあり方が問われています。当フォーラムは様々な企業経営者や学識者等の講演・対談をとおして、企業の価値創造のサイクルとプロセスの体系化・組織化について学ぶとともに、次世代を担う人財をつなげるプラットフォームの構築を目指しています。第3期「価値創造リーダー育成塾」は、2019年3月までに計8回実施していく予定です。

 

価値創造リーダー育成塾とは(こちらをクリックしてください)

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019年1月10日(木)
15:00~17:20(開場14:30)
会場
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
受講料
無料
定員
300名
主催

一般社団法人価値創造フォーラム21、価値創造リーダー育成塾、エグゼクティブCHO協議会

共催

日本経済新聞社クロスメディア営業局

申し込み締切日

2018年12月17日(月)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

「価値創造リーダー育成塾」事務局
Tel : 03-3545-8299(受付時間 10:00~18:00 土、日、祝日を除く)

プログラムPROGRAM

15:00~15:50 キーノート・スピーチ

「Our Transformation Journey」
株式会社資生堂 代表取締役社長 兼 CEO 魚谷 雅彦 氏

魚谷雅彦氏は、2014年4月に株式会社資生堂 代表取締役社長に、役員を経ない初めての外部出身者として就任されました。就任前は日本コカ・コーラの社長、会長を歴任するなど、主にマーケティング分野で活躍されておりました。
資生堂社長に就任以来、のべ6万5千人の国内外の社員との対話を続け、「現場」の声に耳を傾け続けています。社員から出てくる声は、会社を変える原動力となり、また社員の要望や意見を経営層が実現すれば、社員の自主性もさらに高まり人材育成、強い組織づくりにもつながっています。
同社は、「100年先も輝き続ける企業」であるために、今ありたい姿を「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」と定義し、マーケティングとイノベーションそれを支える人と組織という3つの重点エリアを強化することで、ブランド力を高め、世界で勝てるグローバル企業へと変革を遂げています。2020年までに掲げた目標は3年前倒しで2017年度に達成、資生堂の変革は「経営」と「現場」の双方からより大きなうねりになり、成果を出しています。
魚谷氏の、資生堂を真のグローバルカンパニーにするという強い覚悟と情熱的な人柄は、講演を聞いていても伝わってきます。その変革ストーリーも、さすがマーケティング分野出身とあって、どの企業人にも当てはまる、何かヒントがある講演になることでしょう。今回は、就任以来の資生堂のチャレンジとその成果について、ご講演いただきます。

15:50~16:00 休憩

16:00~17:20 特別シンポジウム

「企業の価値創造とエグゼクティブCHOの役割」
全日本空輸株式会社 代表取締役副社長執行役員 志岐 隆史 氏
サントリーホールディングス株式会社 取締役専務執行役員 ヒューマンリソース本部長 有竹 一智 氏
帝人株式会社 帝人グループ常務執行役員 早川 泰宏 氏

近年のグローバリゼーションの進行とデジタル・ネットワーク社会の到来の激しい流れの中で、その急激なうねりの影響を最も受けた人事制度改革のリーダーとして、常に継続企業としての発展と企業ステージの進化に「エグゼクティブCHO」として挑戦し続けている全日本空輸株式会社 代表取締役副社長執行役員 志岐隆史氏、サントリーホールディングス株式会社 取締役専務執行役員 有竹一智氏、帝人株式会社 帝人グループ常務執行役員 早川泰宏氏に、「企業の価値創造とエグゼクティブCHOの役割」というテーマでご対談いただきます。
激しく揺れ動く世界潮流の中で、絶対的価値の実現をめざして常に企業ステージの進化に挑戦し続けているこれら3社は、それぞれ伝統ある企業文化と先達の経営者の皆様の経営哲学と経営思想を継承し、さらにお客様起点と人を大切にする経営理念の下で、イノベーションを通じた絶対的な価値創造こそが企業の持続的成長と未来を切り開く原点であることを実践して今日に至っています。そして、個と組織の共創のための施策、“マーケティングと戦略人事”のグループレベルでの連動、イノベーション実現に向けた経営力と現場力の統合、“絶対の競争”にもとづくグローバル戦略の展開、“パワー&リスク・バランス感覚”と“経営の志”をもつ人材の育成などを経営の基軸に置いて今日まで事業展開をして参りました。
今回のエグゼクティブCHOからの「次世代リーダーたちへのメッセージ」として、次のような課題を中心に特別対談における議論を展開していいただきます。

1.長期的人事基盤確立とコア人材の育成
2.海外事業戦略に基づくグローバル人材の育成
3.経営戦略とICT戦略・ネットワーク戦略の連動を担うコア人材の育成
4.ダイバーシティ戦略の展開など次世代リーダー育成への新たな取り組み
5.これからの「エグゼクティブCHO」の果たす役割

登壇者SPEAKERS

魚谷 雅彦 氏

株式会社資生堂 代表取締役社長 兼 CEO

1954年奈良県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業後、ライオン(株)入社。米国コロンビア大学経営大学院卒業後、クラフト・ジャパン(株)(現モンデリーズ・ジャパン(株))代表取締役副社長を経て、94年日本コカ・コーラ(株)に取締役上級副社長・マーケティング本部長として入社。その後、代表取締役社長、代表取締役会長。退任後はマーケティングの会社を立ち上げ、日本企業のマーケティング活動をサポート。2013年(株)資生堂 マーケティング統括顧問を経て、14年4月(株)資生堂執行役員社長、同6月より現職。

志岐 隆史 氏

全日本空輸株式会社 代表取締役副社長執行役員

1955年長崎県生まれ。80年、慶應義塾大学経済学部卒業後、同年4月に全日本空輸(株)に入社。2003年営業推進本部販売業務室販売企画部長、05年人事部主席部員を経て、08年執行役員 札幌支店長、09年人事部長 兼 ANA人財大学長に就任。10年上席執行役員、14年取締役執行役員、15年常務取締役執行役員を歴任後、17年に全日本空輸(株) 代表取締役副社長執行役員に就任。営業部門統括、東京オリンピック・パラリンピック担当となり、現在に至る。

有竹 一智 氏

サントリーホールディングス株式会社 取締役専務執行役員 ヒューマンリソース本部長

1957年生まれ。80年3月京都大学法学部卒業後、同年4月サントリー(株)(現サントリーホールディングス(株))に入社。86年ニューヨーク大学ロースクールにてLL.M.取得後、法務、人事、経営企画、リスクマネジメントなどの分野での業務を経て、2010年4月同社 執行役員 法務部長就任。12年常務執行役員 人事本部長、15年常務執行役員 リスクマネジメント本部長を歴任し、17年4月より現職。

早川 泰宏 氏

帝人株式会社 帝人グループ常務執行役員

1980年帝人(株)に入社、購買部門に配属。95年インドネシアの合弁会社に出向し、購買・物流業務を統轄。99年に帰国後、帝人化成(株)出向、資材部長に就任。2004年帝人(株)復帰、購買・物流室長に就任し、全社購買・物流業務を統轄。10年帝人グループ執行役員、原料重合部門長に就任。12年原料重合・購買本部長に就任。13年4月人事・総務本部長に就任。17年4月より帝人グループ常務執行役員、人事・総務管掌。構造改革、成長・発展戦略加速のための人事課題に取り組んでいる。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR