日経産業新聞フォーラム
グローバルサプライチェーンの未来
~製造業におけるグローバル戦略~

リンクをコピー

消費者のニーズの多様化が進む中、製造業にはニーズに合った商品をより迅速に市場へと供給することが求められています。生産拠点のグローバル化が加速する中、サプライチェーンは海外へも大きく広がり、複雑さを増しています。コネクテッド・インダストリーズやインダストリー4.0といった製造革新が進む時代において、IoTやビッグデータ、AIなどのテクノロジーを活用し、企業間のサプライチェーンを繋ぎ在庫を可視化するなど、全てのサプライチェーンを含めた生産の自律化および最適化が求められています。
本フォーラムではITを活用したグローバルサプライチェーン改革の最新情報を紹介します。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019/10/11(金)
13:00~16:30(開場12:30)
会場
日経カンファレンスルーム
(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F)
受講料
無料
定員
180名
主催

日本経済新聞社

協賛

オートマティゴ

申込締切

2019/10/7(月)

※お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券をメールでお送りいたします。プリントアウトをして当日お持ちください。
※落選の方には落選メールをお送りします。
※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

お問合せ

日経産業新聞フォーラム事務局
TEL:03-6812-8659 (受付時間 9:30~17:30、土・日・祝日を除く)
FAX:03-6812-8649
E-mail: ss-forum@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

13:00~13:40 基調講演

「講演タイトル調整中」
経済産業省 製造産業局 参事官(イノベーション・デジタルトランスフォーメーション担当)(併)ものづくり政策審議室長 中野 剛志氏

13:40~14:20 特別講演①

「グローバル競争力&収益性を高めるサプライチェーンの実現」

これまでの多くの製造業でSCM改革が失敗に終わり、今、改めてSCM戦略を見直す必要があります。SCMを拡大する領域と将来の課題、またデジタルの活用による収益性、生産性向上への取り組みについてご提言します。

サステナビリティ・コンサルティング 代表取締役 石川 和幸氏

14:20~15:00 特別講演②

「GSCM改善に向けたグローバルロジスティクスとデジタルソリューション」

グローバル物流大手のキューネ・アンド・ナーゲルは、100ヵ国以上の自社ネットワークを活用し荷主のサプライチェーンを物流面からサポート。陸海空の実輸送においては確固たる地位を確立している一方、近年では様々な次世代ITソリューションを幅広く展開しています。本講演では現在のグローバルサプライチェーンの課題や最新動向、荷主企業の取り組み事例をご紹介します。

キューネ・アンド・ナーゲル 海上貨物部 グローバルオペレーショナルキーアカウントマネージャー 前園 博之氏

15:00~15:10 休憩

15:10~16:30 パネルディスカッション

「製造業のグローバルサプライチェーンの未来」

サステナビリティ・コンサルティング 代表取締役 石川 和幸氏
キューネ・アンド・ナーゲル 海上貨物部 グローバルオペレーショナルキーアカウントマネージャー 前園 博之氏
インフォアジャパン ソリューションコンサルティング本部 本部長 石田 雅久氏
オートマティゴ 代表取締役 天野 進氏




※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

中野 剛志氏

経済産業省 製造産業局 参事官(イノベーション・デジタルトランスフォーメーション担当)(併)ものづくり政策審議室長

石川 和幸氏

サステナビリティ・コンサルティング 代表取締役

早稲田大学政経学部政治学科卒、筑波大学大学院経営学修士。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、日本総合研究所などを経て、 2006 年サステナビリティ・コンサルティング設立。多数の製造業でサプライチェーン戦略立案、課題解決のコンサルティングを実施。主な著書: 「SCMの基本」「在庫マネジメントの基本」「図解 生産管理のすべてがわかる本」(以上、日本実業出版社)、「SCM経営を見える化で成功させる実務」(中経出版)、「なぜ日本の製造業はもうからないのか」(東洋経済新報社)ほか多数。

前園 博之氏

キューネ・アンド・ナーゲル 海上貨物部 グローバルオペレーショナルキーアカウントマネージャー

世界最大級のLSP (Logistics Service Provider)勤務。インターナショナルサプライチェーンマネージャーとして、荷主のグローバルSCM(生・販・在)に対し、ICTを主軸としたソリューションを数多く提案。グローバルSCMの全体最適化に向け、実業務とシステムの連携に基づいた要件定義から実輸送・実在庫管理までを幅広く展開し、現在は大手アパレルSPA (speciality store retailer of private label apparel)のグローバルオペレーションの責任者を担う。

石田 雅久氏

インフォアジャパン ソリューションコンサルティング本部 本部長

外資系コンサルティングファーム、外資系ソフトウエアベンダにて25年以上ERP/SCM/BIを中心としたシステム化の提案、導入に従事。Infor社ではソリューションコンサルタントとして50社以上のお客様から課題ヒアリングを行い、それらに対するInfor ソリューションの活用提案、および導入中・導入後のお客様へのアドバイザーとしての活動を実施。米国公認会計士。

天野 進氏

オートマティゴ 代表取締役

大手SIerで営業職を中心に活動。製造業担当、ERP事業の立ち上げの責任者、サービス産業担当の事業部長、金融機関担当の事業部長など多くの業種を経験。日比谷コンピュータシステムの取締役を経て、2018年4月より現職。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー