第1回 日経フードテック・カンファレンス
「2030年~食のイノベーションが変える世界と日本の未来」

リンクをコピー

世界各地で「食のイノベーション」、いわゆるフードテックへの注目が集まっています。フードテックの範囲は幅広く、農業や食品生産から、流通、外食・中食、調理、小売り、デリバリーを包含するものであり、地球規模の諸問題に対して経営課題として取り組むSDGs(国連の持続可能な開発目標)の主要テーマという側面もあります。顔ぶれとしても、食品業界に限らず多くの産業・企業が、新しい事業の柱とすることを目指して取り組み始めました。今回初開催する「日経フードテック・カンファレンス」は、世界のフードテックの潮流をキャッチ、日本型の食産業の未来を議論し、関係者の新たなつながりを生み出すことを目指し企画しました。皆さまのご来場をお待ちしています。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019/12/6(金)
10:00~18:30(開場9:30)(予定)
会場
東京ビッグサイト
(東京都江東区有明3丁目11−1)
◆カンファレンス=会議棟7階・国際会議場
◆ネットワーキング・レセプション=会議棟1階・レセプションホール
受講料
無料
定員
800名
主催

日本経済新聞社、日経BP

協賛

NTTデータ、日本たばこ産業

後援

農林水産省

参加対象業種など

食品、製薬、家電、機械、厨房機器・キッチン、流通・小売、IT、デベロッパー、金融者、コンサルティング、行政などのマネジメント層、経営企画担当、新規事業担当者ほか

同時開催

協賛企業、スタートアップ企業によるショーケース展示も実施します。フードテックの先端技術の紹介や試食コーナーなどを予定しております。詳細は後日掲載します。
会場:会議棟1階・レセプションホール(12:00~17:00、登録不要、直接会場にお越しください)

締め切り

2019/11/26(火)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本カンファレンスの実施目的以外には使用いたしません。

お問合せ

日経フードテック・カンファレンス事務局
TEL:03-6812-8648 (受付時間:平日9:30~17:30土・日・祝日を除く)
E-mail: foodtech@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

【 午前プログラム 】

イントロダクション 「2030年~フードテックの動向」

日経BP総研 上席研究員 菊池 隆裕(「フードテックの未来2019-2025」執筆・編集)

世界各地で「フードテック=食のイノベーション」を推進しようという機運が高まっています。フードテックの主要素の1つは、食糧問題の課題解決、健康で地球環境にもやさしいサステナブルな食の実現です。推進するのは誰か? 従来の商品開発・研究開発とは何が違うのか? 誰にどのような影響を及ぼすのか? それぞれ解説します。

基調講演1 「新しい産業の育成と日本経済の活性化(予定)」

一橋大学 名誉教授
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター 顧問 野口 悠紀雄氏

AI、フィンテックなどのテクノロジーが新しい産業育成に与える影響と、700兆円市場とも言われている「フードテック」は日本経済活性化への起爆剤となり得るのか? 経済学者の視点で、日本の勝機を分析します。

基調講演2 「おいしさを解き明かし、食関連の課題解決に挑む~大学からの新アプローチ~」

宮城大学 食産業学群 教授 石川 伸一氏
立命館大学 食マネジメント学部 准教授 野中 朋美氏

<モデレーター>
シグマクシス ディレクター 田中 宏隆氏

大学においても、食領域における新しいアプローチが始まっています。本セッションでは、おいしさを科学的に解き明かす「分子調理学」、食に関する課題を解決する人材を育成する「食科学・食マネジメント」の専門家が、食の可能性と未来を議論します。

ビジョナリー・セッション 「”The Future of Food ”~テクノロジーが変える私たちの食の未来~(予定)」

NTTデータ 執行役員 製造ITイノベーション事業本部 事業本部長 デジタル戦略担当役員 佐々木 裕氏

人口爆発による食料危機、人々の健康志向の高まりなどを背景に、世界の先進企業がフードテックの取り組みを加速しています。2030年におけるテクノロジー・データ活用の方向を例示することで、私たちの食の未来を展望します(予定)。
【 午後のプログラム 】

講演 「農業・食品分野における今後の研究開発と社会実装」

農林水産省 農林水産技術会議事務局長 菱沼 義久氏

農林水産省は、我が国の強みを核として、我が国の農林水産業・食品産業が世界に大きく貢献する研究開発を戦略的に進め、世界トップレベルのイノベーションの創出を目指しています。本セッションでは、今後の研究開発と社会実装の方向性についてお話します。

パネルディスカッション1 世界各地で拡大する「食領域の革新ビジネス」

スタートアップ企業など

世界各地で、大企業やスタートアップ企業などによる食のイノベーションを目指した動きが加速しています。本セッションでは、企業の新規事業推進者、スタートアップ企業、などが登壇、世界で注目すべき動向や新規事業を成功に導く秘訣について議論します。

パネルディスカッション2 「『食とまちづくり』最前線」

企業、自治体関係者など

地域の特徴を打ち出したまちづくりに欠かせないのが「食」です。本セッションでは、企業や自治体によるユニークな取り組みを共有、効果的なアプローチや食のイノベーションへの期待について議論します。

クロージング

日経BP総研 上席研究員 菊池 隆裕

ネットワーキング・レセプション (17:00ごろより開始予定)

フードテックに関わる産学官関係者の人脈づくりを促進する情報交換会です。参加無料(応募多数の場合は抽選)。
※ネットワーキング・レセプションのみの申し込みはできませんのでご了承ください。
※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

野口 悠紀雄氏

一橋大学 名誉教授
早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター 顧問

1940年、東京に生まれる。 63年、東京大学工学部卒業。 64年、大蔵省入省。 72年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、 スタンフォード大学客員教授などを経て、 2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。 11年4月より 早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。一橋大学名誉教授。17年9月より現職。

石川 伸一氏

宮城大学 食産業学群 教授

1996年、東北大学農学部卒業。98年、日本学術振興会特別研究員(DC1)、04年、北里大学獣医畜産学部専任講師。05年、日本学術振興会海外特別研究員(University of Guelph, Canada 客員研究員)。07年、北里大学獣医学部講師。10年、宮城大学食産業学部准教授。専門分野:分子食品学、分子調理学、分子栄養学。
著書:「『食べること』の進化史 培養肉・昆虫食・3Dフードプリンタ」光文社(2019)、共著「もしも」に備える食 災害時でも、いつもの食事を」清流出版(2015)

野中 朋美氏

立命館大学 食マネジメント学部 准教授

2004年~08年、企業にてwebマーケティング・SEM(Search Engine Marketing)に従事 。慶應義塾大学 医学部総合医科学研究センター 特任助教、神戸大学 大学院システム情報学研究科 特命助教、青山学院大学 理工学部 経営システム工学科 助教等を経て、18年より立命館大学 食マネジメント学部 准教授。専門分野:サービス工学、生産システム工学。研究テーマ:「食・食サービスを起点とした地域価値共創」「人の情報を起点としたサービス生産システム設計・管理」「エネルギブロックモデルを用いた環境配慮型スケジューリング」など

田中 宏隆氏

シグマクシス ディレクター

国内大手メーカー、外資系コンサルティングファームを経て、2017年1月よりシグマクシスに参画。ハイテク・製造業・通信、成長戦略、新規事業開発、M&A、実行・交渉等幅広いテーマに精通。料理という領域における日本として進むべき道を明らかにし、新たな産業への進化を目指す。現在は特に、スマートホーム、その一つの有望アプリであるスマートキッチンに高い関心を寄せる。

佐々木 裕氏

NTTデータ 執行役員 製造ITイノベーション事業本部 事業本部長 デジタル戦略担当役員

1990年、NTTデータ通信(現在のNTTデータ)に入社~マルチメディア関連の新規事業開発に従事後、大規模システム開発のプロジェクトマネージャー等を歴任。2016年、執行役員 ビジネスソリューション事業本部 事業本部長に就任。17年、 デジタル戦略担当役員(Digital Strategy Officer)に就任。18年、執行役員 製造ITイノベーション事業本部 事業本部長に就任。

菱沼 義久氏

農林水産省 農林水産技術会議事務局長

1983年、農林水産省入省。2011年、生産局農産部園芸作物課長。15年、農林水産技術会議事務局研究総務官。18年、大臣官房生産振興審議官兼生産局付。19年、大臣官房技術総括審議官兼農林水産技術会議事務局長。

菊池 隆裕

日経BP総研 上席研究員

1990年日経BP社入社。『日経コミュニケーション』『日経エレクトロニクス』『日経コンピュータ』『ITpro』などで、主に通信、ネット分野を担当。2002年~04年までシリコンバレー支局勤務。15年、経済産業省主催イノベーター育成プログラム『始動 Next Innovator 2015』に選抜、新規事業メンター向けプログラム「Lean Launchpad Educators Program」修了。18年「フードテックの未来2019-2025」編集・執筆。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー