日経産業新聞フォーラム
「攻めの法務へ
~2020年代の経営に求められるリーガルテック~」

リンクをコピー

「法務」と「テクノロジー」を掛け合わせたリーガルテック。ガーディアン機能としての役割が大きかった法務は、急速な技術革新とグローバル化によって積極的に経営にかかわり新たなイノベーションの推進役として役割を果たす「攻めの法務」へと転換しつつあります。

本フォーラムでは、経営学の第一人者や実務に携わる専門家の講演を通じて、今後の法務と経営のあり方について考えていきます。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2020/3/10(火)
13:00~16:40 (開場12:30)
会場
日経カンファレンスルーム
(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階)
受講料
無料
定員
250名
主催

日本経済新聞社

協賛

Holmes、LegalForce、SiGHTViSiT

締め切り

2020/3/2(月)

  • お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
  • 当選の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
  • ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。
お問い合わせ

日経産業新聞フォーラム「攻めの法務へ」事務局

TEL: 03-6278-8754 (受付時間 10:00~18:00、土・日・祝日を除く)

プログラムPROGRAM

13:00~14:00 基調講演

「世界の経営学から見る、日本企業イノベーション創出への示唆」
早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール 教授 入山 章栄氏

14:00~14:40 協賛社セッション①

「契約の本質的課題と契約マネジメントの意義」
Holmes CEO室 室長 弁護士 酒井 貴徳氏

14:40~14:50 休憩

14:50~15:30 協賛社セッション②

「法務部門におけるLegalForce活用の今」
太陽誘電 法務部長  佐々木 毅尚氏 / LegalForce 代表取締役CEO 角田 望氏

15:30~16:10 協賛社セッション③

「オーダーメイドSaaSが拓く新時代法務」
SiGHTViSiT 代表取締役 NINJA SIGN事業責任者 鬼頭 政人氏

16:10~16:40 特別講演

「民法改正後のIT開発で起きる問題」
政府CIO補佐官 リーガルテック協会 顧問 細川 義洋氏



※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

入山 章栄氏

早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール 教授 

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で、主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年から米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。 13年から早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授。 19年から現職。

酒井 貴徳氏

Holmes CEO室 室長 弁護士

2010年、弁護士登録。11年から西村あさひ法律事務所にて主にM&A案件に従事。18年9月からNYのデビボイス&プリンプトン LLPで勤務。19年、ニューヨーク州弁護士登録。同年9月からHolmesに参画。

角田 望氏

LegalForce 代表取締役CEO 

2010年 京都大学法学部卒業、
同年 旧司法試験合格(論文全国1位)
11年 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
13年 森・濱田松本法律事務所
17年 LegalForce/法律事務所ZeLo創業

佐々木 毅尚氏

太陽誘電 法務部長

1991年 明治安田生命相互
2003年 アジア航測
04年 YKK
16年 現職

鬼頭 政人氏

SiGHTViSiT 代表取締役 NINJA SIGN事業責任者

弁護士、投資ファンドを経て、サイトビジット設立。資格試験のオンライン事業「資格スクエア」、法務知財特化型人材サービス「Legal Engine」、ワンストップ電子契約サービス「NINJA SIGN」のリーガルテック事業を運営。

細川 義洋氏

政府CIO補佐官 リーガルテック協会 顧問

大手ITベンダーで金融機関向けIT開発及びITプロセスの改善コンサルテーションを経験した後、東京地裁、高裁においてIT紛争の民事調停にも関わる。現在は政府CIO補佐官としてデジタルガバメントと政府のITプロセス改善に従事している。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる