第1回 日経「SDGs経営」調査 結果解説セミナー
~先進企業に学ぶSDGs経営の実践~

リンクをコピー

【お知らせ】

「第1回 日経『SDGs経営』調査 結果解説セミナー ~先進企業に学ぶSDGs経営の実践~」は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、開催を中止させていただきます。お申し込みいただいた方には別途連絡いたします。

 

◇   ◇

(以下は開催発表時の情報です)
日本経済新聞社は2019年、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に企業がどう取り組んでいるかの視点で格付けした大規模調査「SDGs経営調査」を初めて実施しました。結果について詳しく解説するとともに、先進的な企業が取り組みを報告するセミナーを開きます。基調講演は調査設計に携わった伊藤邦雄・一橋大学大学院特任教授です。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2020/3/17(火)
会場
日経ホール
(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
受講料
無料
定員
600名(予定)
主催
日本経済新聞社、日経リサーチ
お問い合わせ
日経「SDGs経営」調査 結果解説セミナー事務局 (9:30~17:30、土・日・祝日除く)
TEL:03-6812-8685 FAX:03-6812-8649
e-mail:smartwork@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

13:00 開場

13:30 主催者挨拶

日本経済新聞社 常務執行役員 山崎宏

13:35 基調講演

一橋大学 大学院特任教授 伊藤邦雄氏

14:05 調査結果解説

日経リサーチ コンテンツ事業本部副本部長 佐俣桂子

14:55 先進企業の事例紹介

花王株式会社 ESG戦略部長 畑中晴雄氏
住友化学株式会社 理事 CSR推進部長 福田加奈子氏
オムロン株式会社 サステナビリティ推進室長 平尾佳淑氏

15:55 海外機関投資家のSDGsの捉え方

株式会社QUICK ESG研究所 リサーチヘッド 中塚一徳

16:15 質疑応答

ホワイエにて日経リサーチの担当者が質疑に応じます(17:00まで)。

登壇者SPEAKERS

伊藤邦雄氏

一橋大学 大学院特任教授 

1975年一橋大学商学部卒業。一橋大学商学研究科長・商学部長、同副学長を経て現職。経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家との望ましい関係構築~」プロジェクト(伊藤レポート)座長、東京証券取引所「企業価値向上表彰」選定委員会座長、経済産業省「持続的成長に向けた長期投資(ESG・無形資産投資)研究会」座長、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)コンソーシアム会長などを歴任。

畑中晴雄氏

花王株式会社 ESG部門 ESG戦略部長

花王化粧品販売、花王カスタマーマーケティング、花王 コーポレートコミュニケーション部門 サステナビリティ推進部長、経営サポート部門 サステナビリティ推進グループ部長を経て、2018年7月よりESG部門 ESG戦略部長。

福田加奈子氏

住友化学株式会社 理事 CSR推進部長

1988年関西学院大学理学部化学科卒業。同年住友化学工業株式会社(現 住友化学株式会社)入社、大阪研究所(現 エネルギー・機能材料研究所)配属。化成品事業部を経て、2013年CSR推進部長、2019年4月より現職。主な社外活動は、環境省持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング 構成員、化学工学会SDGs検討委員会委員。

平尾佳淑氏

オムロン株式会社 サステナビリティ推進室長

米国コロンビア大学院経営修士課卒業後、米国金融機関にて金融商品の営業及びコーポレート・エンゲージメント業務に携わる。 2014年5月オムロン株式会社にCSR部長として入社。企業理念の改定、及び全社のサステナビリティ取り組みイニシアティブの責任者として、推進体制の構築・サステナビリティ目標の設定等を担当。 2017年4月サステナビリティ推進室長に就任。現在はサステナビリティ課題のグローバルな取り組み強化に向けた基盤構築に重点を置き、関連部門との連携によるサステナビリティ課題の推進とモニタリング、フォーカスすべき課題への対応強化に携わる。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる