日経電子版オンラインセミナー
「ニューノーマル時代に求められるペーパーレス戦略とは」

リンクをコピー

新型コロナ禍を受けたテレワークをきっかけに、紙をベースに行っていた業務の電子化が注目されています。今の騒動が収束した後もこれまでの状態に戻るのではなく、ニューノーマル時代の働き方に変わっていく必要があると考える人が多いからでしょう。必要な業務を一貫してペーパーレスで行うためには、ビジネス文書や帳票の電子化、電子署名、名刺管理、ビジネスインテリジェンスなど、広範囲の検討が必要となります。
本セミナーでは、参加する方々の企業において、体系的なペーパーレス戦略を構築し実現していただくことを目的とし、経営者、企画/総務/IT担当者の方々を対象に、アフターコロナの時代の標準となるペーパーレス戦略の実際や導入のポイント、先進的な取り組み事例等を紹介いたします。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
【セミナー公開期間】2020年8月5日(水)10:00~2020年8月7日(金)20:00
参加費

無料

申し込み締切

2020年8月2日(日)23時59分

オンラインセミナー 参加について

お申込みいただいた皆様には視聴ページのURLを公開初日までにメールでお送りします。

メールの案内に従って上記【セミナー公開期間】に視聴ページにお越しください。

公開期間中はいつでもセミナー動画をご覧いただけます。

※視聴開始前までに一度視聴ページにお越しいただき視聴確認をお願いします。

※8月7日(金)20:00をもって視聴できなくなりますので、ご注意下さい。

主催

日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット

協賛

ウィングアーク1st、ドキュサイン・ジャパン、スカイコム、Sansan

禁止・注意事項

・視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。

・オンラインセミナーの録音・録画・撮影は禁止です。

・撮影場所にお越しいただいてもセミナーに参加いただくことはできません。

・登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。

・上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

日経電子版オンラインセミナー「ペーパーレス戦略」事務局

◇専用電話 03-6812-8685 (9:30~17:30、12:00~13:00を除く 土・日・祝を除く) 

◇専用メールアドレス ds_seminar@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

基調講演 (20分) バックオフィス2.0~ニューノーマル時代を生きぬく!管理部門改革はじめの一歩

あまねキャリア工房
代表
沢渡 あまね氏

【講演内容】
ニューノーマル時代を生きぬく組織に進化するためには、テレワークをはじめとする場所や時間に制約を受けない働き方、すなわちデジタルワークの実現が欠かせません。一方で、申請業務、決裁手続きなどいわゆる管理業務やそれを統括する管理部門が足枷となり、進化できない組織も多く見受けられます。この講義では、管理業務や管理部門にフォーカスし、どこからどのように変えていったらよいか? バックオフィス2.0の姿を解説します。

セッション1 (20分) ペーパーレス社会を実現するAI OCRの可能性

ウイングアーク1st株式会社
ビジネス戦略室 室長 
大垣 考広氏

【講演内容】
COVID-19の影響でテレワークを強いられるようになり、改めて紙の課題に注目が集まっています。紙をなくしたくてもなくせない現実、またデジタル化することにより発生する新たなリスクが企業を悩ませます。
ウイングアークが提供する「SPA」は紙にまつわる課題に向き合い、AI OCRのような新たなテクノロジーを活用しながらAfter Coronaのペーパーレス社会におけるあるべき姿を提案します。

セッション2 (20分) 電子署名・電子印鑑が実現するペーパーレスのラストワンマイル

ドキュサイン・ジャパン株式会社
マーケティング・ディレクター
土肥 渉氏

【講演内容】
デジタル・トランスフォーメーションやテレワークを進めるにあたり、殆どの業務プロセスがデジタル化されるなか、「紙+ハンコ」がボトルネックとなり、部分的にアナログが残るプロセスになってしまうーという悩みをよく聞きます。契約や合意プロセスがデジタル化できない、良くても署名捺印した文書をスキャンしてPDFにして、メールに添付して送る、セミデジタル、が多いのではないでしょうか?この問題を解決する選択肢のひとつが、「電子署名」です。電子署名を使うことで業務プロセスをエンドツーエンドでデジタル化し、紙を一層して真の「ペーパレス」を実現することが可能です。本セッションでは、ドキュサインが提供する世界で一番使われている電子署名を利用してペーパレスを実現するヒントを、実際のユーザー様の事例を通じて紹介します。

セッション3 (20分) 「脱ハンコ」その先へ ─ 紙をPDFに替える。ビジネスが、オフィスが、一気に繫がる。

株式会社スカイコム
営業本部 営業部 部長
梶原 寛氏

【講演内容】
紙文書が業務に介在するプロセスを「PDF」を利活用してデジタル化することで非効率や無駄を排除。あらゆる業種や事業分野で業務品質向上、コスト削減、効率化による生産性向上や労働環境の改善など、多くの成果を挙げています。
「PDF」テクノロジーを駆使した、真のペーパーレス化と業務改革の実現方法をご紹介します。

セッション4 (20分) オンライン名刺で、ビジネスはもっと加速する

Sansan株式会社
新規事業開発室
柘植 朋美氏

【講演内容】
新型コロナウイルスの影響により、あらゆる業務のオンライン化が余儀なくされました。これまで紙で管理されていたものをデータ化し、管理することが必要不可欠となるでしょう。本セミナーでは、紙の名刺が使えないシーンで活躍する「オンライン名刺」の具体的な活用方法を中心に、変化する時代を生き抜くためのポイントをご紹介します。





※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

沢渡 あまね氏

あまねキャリア工房
代表

株式会社NOKIOO顧問、株式会社なないろのはな取締役、ワークフロー総研(株式会社エイトレッド)フェロー。作家、業務プロセス /オフィスコミュニケーション改善士。300以上の企業/自治体/官公庁などで、働き方改革、マネジメント改革、業務プロセス改善の支援・講演・執筆・メディア出演を行う。著書『仕事ごっこ』『職場の問題地図』『マネージャーの問題地図』ほか多数。趣味はダムめぐり。

大垣 考広氏

ウイングアーク1st株式会社
ビジネス戦略室 室長 

1997年から帳票・開発ツールSVFの販売に従事。2012年からグローバルビジネス部門へ移動、2015年にウイングアーク上海の総経理就任。2017年に帰国後SPAのプロダクト戦略・立案に従事。技術本部プロダクト戦略室 室長に就任。現ウイングアーク1st株式会社 ビジネス戦略室 室長。

土肥 渉氏

ドキュサイン・ジャパン株式会社 
マーケティング・ディレクター

大学卒業後、日本のシステムインテグレーターでエンジニアとして勤務後、転職。それから約20年間、主に米国のテクノロジー企業の日本法人のマーケティングとして勤務。最近はサンフランシスコに本社を置くクラウド企業の日本法人の立ち上げを主に行う。ドキュサインには2016年に参加。

梶原 寛氏

株式会社スカイコム
営業本部 営業部 部長

1991年大手ISP入社。マスコミ向けの啓発・PR活動を担当した後、マネージャーとして営業戦略・商品戦略の立案・遂行に従事。外資系SI会社を経て2012年株式会社スカイコムに入社。市場開発マネージャー等を経験した後、現在は現職にて金融機関や自動車メーカー向けに、PDFの特性を活かしたペーパーレス/電子サインソリューションの提案・販促活動を手掛ける。茨城県日立市出身、法政大学経済学部卒、趣味合気道。

柘植 朋美氏

Sansan株式会社
新規事業開発室

新卒で大手人材会社に入社し、海外事業企画に従事。その後、大手ERP会計ベンダーにてコンサルタント業を経て、2016年にSansanへ入社。エンタープライズ領域でのカスタマーサクセスマネジャーを3年経験後、現在Sansan Plusの推進を担当。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる