【日経電子版オンラインセミナー】
Boost your business
経営者が考えるべきサイバーセキュリティー対策とは

リンクをコピー

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ニューノーマル時代のビジネスは大きくデジタルシフトが進みはじめました。
そうした中、サイバー攻撃による情報漏洩、不正アクセス、コンピュータウイルス感染の脅威が改めてクローズアップされ、「情報セキュリティー対策」がニューノーマル時代の大きな経営課題となっています。
本セミナーでは、業務改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)投資を推進し、事業の成長を目指す経営者や経営戦略に携わるビジネスパーソンを対象に、新しい働き方が進む中でのサイバーセキュリティー対策について考える機会を提供します。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
【セミナー公開期間】 2020年11月11日(水)10:00~2020年11月14日(土)10:00
参加費

無料

申し込み締切

2020年11月9日(月)17:00

オンラインセミナー 参加について

お申込みいただいた皆様には視聴ページのURLを公開初日にメールでお送りします。
メールの案内に従って上記【セミナー公開期間】に視聴ページにお越しください。
公開期間中はいつでもセミナー動画をご覧いただけます。
※視聴開始前までに一度視聴ページにお越しいただき視聴確認をお願いします。
※11月14日(土)10:00をもって視聴できなくなりますので、ご注意下さい。

主催

日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット

協賛

マクニカネットワークス/S&J、富士通クラウドテクノロジーズ、BlackBerry Japan、サイバーリーズン・ジャパン

禁止・注意事項

・視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。
・オンラインセミナーの録音・録画・撮影は禁止です。
・撮影場所にお越しいただいてもセミナーに参加いただくことはできません。
・登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。
・上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

日経電子版オンラインセミナー「Boost your business セキュリティー」事務局
◇専用電話 03-6812-8685 (9:30~17:30、12:00~13:00を除く 土・日・祝を除く) 
◇専用メールアドレス ds_seminar@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

基調講演 (20分) サイバー脅威の現状と対応

日本サイバー犯罪対策センター 理事
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CISO
坂 明氏

【講演内容】
新型コロナによるニューノーマルにおいてDXが進みつつある現在、情報システムの活用とサイバーセキュリティは不可分、一体のものとなっています。一方、攻撃者は常にターゲットを探索しており、様々な手法で侵入し、情報窃取・オペレーション妨害などを敢行してきます。ここでは、サイバー脅威の現状を解説するとともに、その対応の在り方をお話しします。

セッション1 (20分) 新時代におけるセキュリティ環境変化の予測と外部サービス活用のポイント

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部 セキュリティサービス室
瀬治山 豊氏

第2営業統括部 第1営業部 第1課 課長
山川 博輝氏

【講演内容】
境界型・多層防御型セキュリティの限界やリモートワークの普及により、今後数年でゼロトラスト型セキュリティへの急速な移行が進むと予想されるなど、企業のセキュリティ対策に求められる形はこれまでにないほど速く大きく変化し始めています。本講演ではそれらの変化について技術動向を交えながら解説し、変化に対応するために自社で抱えるべき人材・ 体制と外部サービスに切り出すべき箇所を、他社事例を交えながらご紹介します。

セッション2 (20分) ニフクラから始める「ゼロトラスト」を意識した次の時代のセキュリティ対策への第一歩

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
ビジネスビジネス本部 テクニカルデザイン部
今井 悟志氏

【講演内容】
テレワークが一般的になりつつあるニューノーマル時代の働き方では、社内システム利用はオフィスからだけとは限らなくなりました。そのために既存の「外部の危険を社内ネットワークに持ち込まない」情報セキュリティ対策から、外部・内部問わずコントロールできる仕組みを用意することが急務になっています。本セッションではそのような疑問をお持ちの方に向け「ゼロトラストセキュリティと既存のセキュリティの違い」「必要なセキュリティ対策を行うポイント」「ゼロトラストセキュリティの現実解」「ニフクラでできるあたらしいセキュリティ対策への第一歩」を簡単に解説します。

セッション3 (20分) 在宅勤務で必須なゼロトラストとゼロタッチをAI技術で実現する

BlackBerry Japan株式会社
SPARK事業本部セールスエンジニア本部 ディレクター
井上 高範(いのうえ たかのり)氏

【講演内容】
新型コロナウイルスによりテレワークが必須となりました。ところが、パンデミックに便乗したマルウエアやフィッシングメールは1800万以上検出されています。このような環境でこそ、セキュリティと生産性を実現するために必要なゼロトラスト、ゼロタッチが重要です。それらを可能にしたAI数理モデルを用いたソリューションを解説します。

セッション4 (20分) サイバー攻撃対策の新潮流!?ITとセキュリティの統合でリスクの最小化をめざせ

サイバーリーズン・ジャパン株式会社
パートナー営業本部
丸山 広朗氏(情報処理安全確保支援士)

株式会社日立製作所
ITプロダクツ統括本部 プロダクツサービス&ソリューション本部 クラウド&プロダクツサービス部
西原 雄太氏(日立認定情報セキュリティスペシャリスト)

【講演内容】
多様化した環境で業務を行なうにあたり、サイバー攻撃によるインシデント発生からの復旧速度は、企業が事業を継続する上で重要な課題となります。
しかし、多くの企業ではセキュリティとITの管理が分かれていることで、最先端のセキュリティ製品を導入しても、システム復旧までに想定外の時間がかかる場合があります。
本セッションでは、短期間でシステムを復旧し、被害を最小限に抑える方法を紹介します。


※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

坂 明氏

日本サイバー犯罪対策センター 理事
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CISO

1981年警察庁入庁。生活安全局セキュリティシステム対策室長、情報技術犯罪対策課長としてサイバー犯罪対策を担当。2002年にはハーバード大学国際問題研究所(WCFIA)客員研究員としてサイバーテロを研究。2008-10年は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。2014年11月より(一財)日本サイバー犯罪対策センター理事、2017年より(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CISO。

瀬治山 豊氏

マクニカネットワークス株式会社
第1技術統括部 セキュリティサービス室

マクニカネットワークスにてEDRやメールセキュリティの製品を担当後、現在は主に関係会社であるS&J株式会社とのSOCサービスの新規開発や運営に携わる。
主業務の傍らではマクニカ富士エレHDのCSIRT要員、セキュリティ系の情報収集や発信・啓蒙活動、海外からの新規テクノロジー発掘などの活動も実施。

山川 博輝氏

マクニカネットワークス株式会社
第2営業統括部 第1営業部 第1課 課長
(情報処理安全確保支援士)

2011年マクニカネットワークス入社。
お客様担当営業として、インターネットサービス・放送業界のお客様向けの米国ソリューションの調査、セキュリティやネットワークソリューションを提供。
2018年からはセキュリティサービスチームのマネージャーとして、マーケティング活動、自社サービス開発を中心に、お客様のセキュリティ運用課題の解決に従事する。

今井 悟志氏

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
ビジネスビジネス本部 テクニカルデザイン部

2012年からVMwareで中小・中堅企業担当のハイタッチ SE として、多くの中小・中堅企業のオンプレミス環境の改善支援や「vSphereのアップグレード」のテクニカルドキュメント作成などに従事。市場の流れがクラウドに向かいつつある中、2019年から「国産クラウド」であるニフクラを展開する富士通クラウドテクノロジーズに移り、前職時代の経験の強みを生かして日本の中小・中堅企業に寄り添ったクラウド提案支援、ニフクラの SE向け技術書作成、講演でのニフクラ啓蒙を行うなど幅広く活動中。

井上 高範(いのうえ たかのり)氏

BlackBerry Japan株式会社
SPARK事業本部セールスエンジニア本部 ディレクター

BlackBerry Japanのセールスエンジニアリングディレクターとしてお客さまに対する提案を担当。Cylance社がBlackBerryへの合併したことにより現職へ就任。前職はシマンテック社、パロアルトネットワーク社でエンドユーザーおよびパートナーのセールスエンジニアリングに従事。パロアルトネットワークス社ではエンタープライズチームのマネージャーとしてチームを統括した経験を有する。

丸山 広朗氏

サイバーリーズン・ジャパン株式会社
パートナー営業本部
(情報処理安全確保支援士)

西原 雄太氏

株式会社日立製作所 
ITプロダクツ統括本部 プロダクツサービス&ソリューション本部 クラウド&プロダクツサービス部
(日立認定情報セキュリティスペシャリスト)

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる