日経産業新聞フォーラム
新たなフェーズに移行する太陽光発電
~法改正後の現状とポストFITを見据えた戦略~

太陽光発電事業は昨年施行されたFIT法の改正によりに大きな市場の転換期を迎えようとしています。
さらに2019年問題なども迫っており、売電以外での蓄電池活用や自家消費へのシフトの流れなどまさにポストFITを見据えた戦略が求められています。また一方ではESG対策やRE100の推進など企業のエネルギー問題の取り組みも増加傾向にあり、太陽光発電事業はそうした環境対策としても寄与しております。
本フォーラムではこうした状況を踏まえ、法改正後の最新の市場環境、ポストFITを見据えた戦略などをそれぞれの見地から検証いたします。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2018年6月12日(火)
13:00~17:30 (開場 12:30)
会場
日経ホール (千代田区大手町1-3-7)
受講料
無料
定員
500名 (申込多数の場合は抽選)
主催

日本経済新聞社

後援

経済産業省(予定)

協賛

ソーラーエッジテクノロジージャパン、エナジー・ソリューションズ、Looop、オムロン フィールドエンジニアリング

締め切り

2018年6月4日(月)

※お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券メールをお送りいたします。当選の発表は受講券メールの連絡をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

 

お問い合わせ

日経産業新聞フォーラム「太陽光」事務局 

Tel: 03-6812-1062

※土・日・祝日を除く 平日 10:00-12:0013:00-17:00

 

プログラムPROGRAM

13:00~13:05 主催者挨拶

13:05~13:40 基調講演

「再生可能エネルギー政策の今後の展望 ~太陽光を中心に~」
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課長 山崎 琢矢氏

13:40~14:20 プレゼンテーション1

「ポストFIT太陽光発電を最適化するパワーコンディショナ・ソリューション」
ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社 アシスタントディレクター、テクニカルマーケティング 永沢 健氏

14:20~14:30 休憩

14:30~15:10 プレゼンテーション2

「太陽光自家消費モデルを実現するソリューションのご紹介」
エナジー・ソリューションズ株式会社 代表取締役 森上 寿生氏

15:15~15:55 プレゼンテーション3

「電気は買う時代から作る時代に/自家消費ニーズに応えた最適ソリューション」
株式会社Looop EPC事業本部 営業部 部長 後藤 公一氏

15:55~16:05 休憩

16:05~16:45 プレゼンテーション4

「脱炭素」社会に向けて企業ができること エネルギー合理化ソリューションによる社会貢献・経営基盤強化」
オムロン フィールドエンジニアリング株式会社 エネルギーマネジメント事業本部 EM商品部 EM商品2課 佐々木 崇氏

16:50~17:30 特別講演

「浜松版スマートシティの実現に向けて ~スマートシティの担い手“浜松新電力”~」
浜松市 産業部エネルギー政策課 副参事・課長補佐 江馬 正信氏

登壇者SPEAKERS

山崎 琢矢氏

経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課長

日本ではFIT制度導入以降、急速に再エネの導入が進んでいるものの、発電コストは国際水準と比較して依然高い状況です。また、系統制約の顕在化や調整力の確保、事業環境の整備など、新たな政策課題も浮き彫りになってきております。本講演では、再エネの大量導入とそれを支える次世代電力ネットワークの在り方について、関係審議会における政策対応の検討状況と、太陽光発電の自立化に向けた取組等についてご説明いたします。

永沢 健氏

ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社
アシスタントディレクター、テクニカルマーケティング

ポストFITの一つの方向として分散型電源としての太陽光発電があげられる。ここでは、太陽光にとっては理想的でない設置面に対応できる自由度と高い発電能力、長期安定稼動のためのメインテナンス性、さらにこれまで以上の安全性が要求される。ソーラーエッジDC最適化パワーコンディショナがどのようにこれらの要求を満足できるのかを概説する。

森上 寿生氏

エナジー・ソリューションズ株式会社 代表取締役

ポストFITの太陽光発電は、自家消費による電力コストとCO2排出削減に寄与するモデルに移行します。太陽光及び太陽光+蓄電池における新たなビジネスモデルと共に、弊社ソリューションをご紹介致します。

後藤 公一氏

株式会社Looop EPC事業本部 営業部 部長

FIT単価の下落に伴い太陽光発電も”売電”から”自家消費”へ。
Looopが提供する電気の自家消費ソリューション「MY自家消費セット」はお客様に電力の自家消費(自給自足)システムをワンストップで提供します。

佐々木 崇氏

オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
エネルギーマネジメント事業本部 EM商品部 EM商品2課

世界は「脱炭素」社会へ。企業側ではESG、RE100、SBTの動きが活発化。これらの動きは経営として見過ごせないものとなっています。企業の脱炭素の取り組みは、社会への貢献に加え、企業自身の成長にもつながります。そこで注目を集めている自家消費型の太陽光発電を含むエネルギー合理化。今回は事例を交え、エネルギーソリューションをご紹介します。

江馬 正信氏

浜松市 産業部エネルギー政策課 副参事・課長補佐

浜松市は、日本一の太陽光発電のまち等の特色ある地域特性を活かし、浜松新電力や浜松市スマートシティ推進協議会を中心に官民連携によるエネルギー政策を推進しております。今回は、市の政策目標であるエネルギーに不安のない強靭で低炭素な社会「浜松版スマートシティ」の実現に向けての取組みをご紹介します。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR