【WEB配信】
SPORTS X特別カンファレンス
「企業成長をブーストする、スポーツコンテンツ活用術の最先端」
~DXで拡がる、アリーナエンターテインメントの未来~

リンクをコピー

B.LEAGUEはマーケティング手法やファンの視聴体験にテクノロジーを積極的に取り入れDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進、2023W杯自国開催を控え、さらなる発展が期待される。そんなバスケットボール界の将来構想に加え、スポンサーやクラブ経営者ら第一線で活躍するビジネスリーダーが、スポーツコンテンツを活用した企業成長や社会貢献といったテーマを軸に、最新の取り組みについて語る、必見のカンファレンスです。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2021/4/5(月)
13:00~16:30
受講料
無料
主催

一般社団法人 Sports X Initiative、日本経済新聞社

共催

公益財団法人 日本バスケットボール協会

公益社団法人 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ

締め切り

2021/4/5(月)

※講演者・講演内容・タイムスケジュールは事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※本カンファレンスの受講当選者に視聴メールをお送りいたします。当選の発表は視聴メールの送信をもって代えさせていただきます。

※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本カンファレンスの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

SPORTS-X特別カンファレンス事務局

E-mail: sports-sc@nex.nikkei.co.jp(受付時間 10:00~17:00、土・日・祝日を除く)

プログラムPROGRAM

13:00~ Opening greetings

Sports X Initiative 代表理事/関西学院大学経営戦略研究科 教授/慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特任講師 富田 欣和

Keynote speech

B.LEAGUEチェアマン(代表理事CEO) 島田 慎二

13:25~ セッション1

講演:「5Gがもたらすスポーツ界の変革~ソフトバンクの取り組み~」
ソフトバンク 代表取締役副社長 榛葉淳氏

パネルディスカッション:「5Gとスポーツ」
ソフトバンク 代表取締役副社長 榛葉淳氏
B.LEAGUEチェアマン(代表理事CEO) 島田 慎二
日経BP 総合研究所 フェロー 安達 功氏

14:30~ セッション2

講演:「アフターコロナのスター企業~地方を燃やす球団経営~」
日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓氏

パネルディスカッション:「クラブ経営に参画する意義と成功の秘訣」
日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓氏
NOVAホールディングス 代表取締役社長 稲吉 正樹氏
B.LEAGUE 代表理事COO 古川 宏一郎

15:30~ セッション3

パネルディスカッション:「米国型アリーナと2023年ワールドカップ 自国開催がもたらす未来図」
沖縄バスケットボール 代表取締役社長 木村 達郎氏
ジャパネットホールディングス 代表取締役社長 兼 CEO 髙田 旭人氏
日本バスケットボール協会 会長 三屋 裕子
日経CNBC キャスター 改野 由佳氏
※講演者・講演内容・タイムスケジュールは事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

登壇者SPEAKERS

島田 慎二

B.LEAGUEチェアマン(代表理事CEO)

日本大学法学部卒業後、旅行会社に入社。1995年に法人向け旅行会社のウエストシップを、2001年には海外出張専門の旅行会社であるハルインターナショナルを設立。10年に全株式を東証一部上場企業に売却し、経営から退いた。12年にプロバスケットボールクラブ・千葉ジェッツの社長に就任、ジェッツをリーグ屈指の人気クラブに育て上げた。16年にジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)理事、17年には B.LEAGUE 副理事長(バイスチェアマン)に就任。18年、日本トップリーグ連携機構 理事就任(現任)。20年7月、千葉ジェッツから離れて、 B.LEAGUE のチェアマンに就任した。

榛葉淳氏

ソフトバンク 代表取締役副社長

1985年4月、ソフトバンク入社。2008年5月、福岡ソフトバンクホークス取締役(現任)。15年 9月、SBパワー取締役(現任)。17年4月、ソフトバンク代表取締役副社長 兼 COO。17年4月、SBペイメントサービス代表取締役社長 兼 CEO(現任)。18年4月、ソフトバンク代表取締役 副社長執行役員 兼 COO(現任)。18年6月、PayPay取締役(現任)。

安達 功氏

日経BP 総合研究所 フェロー

1986年、東京理科大学工学部建築学科卒業。エンジニアリング会社勤務を経て日経BP入社。『日経コンストラクション』『日経アーキテクチュア』『日経ホームビルダー』『日経不動産マーケット情報』の編集・発行人等を経て現職。「経営課題×社会課題解決フォーラム2019~2020」、「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合特別セミナー」など、登壇・モデレーション多数。

三宅 卓氏

日本M&Aセンター 代表取締役社長

1977年、日本オリベッティ入社。91年、日本M&Aセンター設立に参画。2008年、同社代表取締役社長 就任。16年、事業承継ナビゲーター 取締役 就任。18年、日本投資ファンド 代表取締役 就任。18年、日本プライベートエクイティ 顧問 就任。19年、ZUUM-A 代表取締役会長 就任。20年、バトンズ 取締役 就任。

稲吉 正樹氏

NOVAホールディングス 代表取締役社長

1969年生まれ、愛知県蒲郡市出身。蒲郡市役所を退所後、94年に個別指導塾「がんばる学園」を愛知県岡崎市に開業。2007年には旧NOVA社の経営破綻を受けて英会話事業を継承した。現在は、国内最多教室数の英会話学校「駅前留学NOVA」、「ITTO個別指導学院」など校舎数第2位の学習塾、海外留学の「ラストリゾート」、またプロバスケットボールチーム「広島ドラゴンフライズ」などそれぞれが業界最大手の子会社を持つNOVAホールディングスの代表として挑戦を続けている。

古川 宏一郎

B.LEAGUE代表理事COO

1975年生 上智大学卒。2000年Nokia Japan入社。04年に日産自動車に転職後、商品企画、経営企画、新規事業企画に従事、10年フォーアールエナジー、12年東風汽車有限公司への出向を経て、16年日産自動車日本マーケティング本部EV事業部長兼チーフマーケティングマネージャー、17年より横浜マリノス代表取締役社長。19年からBリーグ業務執行理事に就任し、20年より代表理事COO(現任)。

木村 達郎氏

沖縄バスケットボール 代表取締役社長

東京都出身。中学から大学までバスケ部。筑波大学体育専門学群卒業後、米国留学(エマーソンカレッジ、マスコミュニケーション研究科修士課程修了)。在米中はNBA取材も行い、本場アリーナを数多く体験。帰国後、スポーツ中継ディレクターとしてNHK関連会社入社。退社後、沖縄でプロバスケ設立活動を開始し、bjリーグ参入。創業期より代表取締役社長として琉球ゴールデンキングスを率い、日本有数のクラブを築き上げた。現在は2021年6月本格稼働する沖縄アリーナの準備に奔走。

髙田 旭人氏

ジャパネットホールディングス 代表取締役社長 兼 CEO

1979年長崎県生まれ。東京大学卒業後、証券会社を経て、ジャパネットたかたへ入社。バイヤー部門、コールセンター部門、物流部門の責任者を経て、2010年にジャパネットコミュニケーションズ代表取締役社長となる。ジャパネットたかた取締役副社長を経て、15年1月、ジャパネットホールディングス代表取締役社長に就任。19年には通信販売事業に加え、スポーツ・地域創生事業をもう一つの柱とし、更なる取り組みを進める「リージョナルクリエーション長崎」を同年6月に設立。20年にはあらたにBリーグへの参入を発表しプロバスケットボールクラブ運営会社「長崎ヴェルカ」を設立し、現在はホールディングスを含む5社の代表を務める。

三屋 裕子

日本バスケットボール協会 会長

八王子実践高校、筑波大学卒。バレーボール選手として活躍し、1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダル獲得。その後、大学等で教鞭を執る。2004年には日本スポーツ界初の上場企業社長としてシャルレの代表取締役社長に就任。現在は上場企業3社の社外役員を務める。出身のバレーボール界のみならず、サッカー界などでも要職を歴任。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会などにおいても幅広く活躍中。15年、日本バスケットボール協会副会長就任。16年、川淵三郎会長(当時)を引き継ぎ、同協会会長就任。17年、その手腕を買われて国際バスケットボール連盟(FIBA)のセントラルボードメンバーに抜擢、現在に至る。

改野 由佳氏

日経CNBC キャスター

現在の担当番組は、日経CNBC「朝エクスプレス」メインキャスター、テレビ東京「Mナビ」。前歴は、テレビ愛知アナウンサー、日本海テレビアナウンサー。これまでの主な経歴は、プロ野球実況中継(テレビ愛知・ドラゴンズ戦)、全日本大学女子選抜駅伝中継所実況(テレビ東京)、世界経営者会議(日経新聞主催)など。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる