• HOME
  • 日経電子版オンラインセミナー 企業のデジタル戦略とセキュリティー対策~DX推進に伴う新たなビジネスリスクに立ち向かう!~

日経電子版オンラインセミナー
企業のデジタル戦略とセキュリティー対策~DX推進に伴う新たなビジネスリスクに立ち向かう!~


リンクをコピー

新型コロナウイルスの急速な拡大により、多くの企業が急遽テレワークにシフトするなど、企業を取り巻く環境は大きく変化しました。デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していく上でも、セキュリティー対策は重要課題であり、DX戦略を成功に導くための前提条件の1つと言っても過言ではありません。

 

最近では、全てのネットワークを信頼できないことを前提として検査やログの取得を行う「ゼロトラストネットワーク」などに注目が集まっております。また、標的型攻撃やランサムウェアなどによるサイバー攻撃対策も必要不可欠です。

 

DX時代に突入した今、これまで以上に新しいセキュリティー戦略を構想し、変革に取り組まなければなりません。
本セミナーでは有識者の講演を交えて情報セキュリティーの最新動向をご紹介いたします。

概要OVERVIEW

開催日時
2021年8月24日(火)13:30~16:00
参加費

無料

申し込み締切

2021年8月22日(日)23:59

オンラインセミナー 参加について

お申込みいただいた皆様には開催前日にご登録のメールアドレス宛に視聴ページのURLをお送りさせていただきます。
メールの案内に従って記載のお時間までに視聴ページにお越しください。
※開始10分前までに一度視聴ページにお越しいただき視聴確認をお願いします。

主催

日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット

協賛(講演順)

マクニカネットワークス、ソリトンシステムズ、NRIセキュアテクノロジーズ、NECソリューションイノベータ

禁止・注意事項

・視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。
・オンラインセミナーの録音・録画・撮影は禁止です。
・撮影場所にお越しいただいてもセミナーに参加いただくことはできません。
・登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。
・上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合はございますのでご了承ください。

お問い合わせ

日経電子版オンラインセミナー「デジタル戦略とセキュリティー対策」事務局
◇専用電話 03-6812-1063 (10:00~17:00、12:00~13:00を除く 土・日・祝を除く)
◇専用メールアドレス sec@nikkeipr.co.jp

プログラム Program

13:30~13:55 (25分) 基調講演 環境適応投資であるセキュリティ対策 ~企業のデジタル戦略を裏打ち~

株式会社ラック 代表取締役社長
西本 逸郎氏

【講演内容】
昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)の掛け声とコロナ禍で一気に進んだテレワーク推進とクラウド活用はもとより、データに基づいた経営や事業ポートフォリオの変革など企業のデジタル戦略が事業継続上必須だと叫ばれています。一方で、ランサムウェアの凶悪化など、デジタルスキャンダルも大きな懸念点となっています。
本講演では、デジタル環境に適応するために必須となるセキュリティ対策は「環境適応投資」であるとの考えのもと、企業のデジタル戦略を裏打ちする対策の方向性を紹介します。

13:55~14:20 (25分) セッション1 New Normal時代における企業のサイバーセキュリティ対策最前線~最新のサイバー攻撃の解説と経営者が考慮すべき対策とは~

マクニカネットワークス株式会社
岡元 一成氏

【講演内容】
Covid-19により急速に働き方が変わる中、企業が持つ機密情報に対しても、攻撃者は攻撃手法を変化させ、アプローチを変えながら仕掛けてきております。本セッションでは、世界中から卓越したセキュリティ商材を発掘・提供してきたマクニカネットワークスが独自に得た知見を元に、現在のサイバー攻撃の方法と、その攻撃に対してどのように対処しているのか、また経営者が考慮/守るべき資産について実例を交えながら、ご説明致します。

14:20~14:45 (25分) セッション2 クラウドと社内を束ねる認証サービスで、DXを加速する

株式会社ソリトンシステムズ プロダクト&サービス統括本部・部長
佐野 誠治氏

【講演内容】
コロナ禍など不確実性が高まる中、DXへの取り組みは持続可能な企業経営における大きな課題になっています。本セッションでは、この大きな変化をビジネスチャンスと捉え、日本企業の特有の課題にも触れながら、攻めと守りの両面から、DXを加速させる認証サービス活用の勘所を紹介します。

14:45~15:10 (25分) セッション3 ゼロトラスト時代に求められる「特権ID管理」とは

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 ソフトウェア事業本部 ソフトウェアビジネス三部 部長
橋本 淳氏

【講演内容】
従来の「境界防御」から「ゼロトラスト」の考え方へ急速に変化しているアクセス制御。特に高い権限を必要とする場合のアクセス制御である「特権ID管理」は重要な意味を持ちます。本セッションではゼロトラストの概念と、「特権ID管理」にその概念を適用し、効率的に実現するためのポイントを解説します。

15:10~15:35 (25分) セッション4 SIベンダから見たセキュリティ現場の2021年、そしてこれから必要なこと

NECソリューションイノベータ株式会社 デジタル基盤事業部 第三グループ 第一セキュリティサービスグループ プロフェッショナル
中村 真一氏

【講演内容】
COVID-19やニューノーマルへの対応、働き方の変化に伴い多くのお客様でセキュリティ対策の見直しが行われている2021年。本セッションでは20年近くセキュリティのSI、製品に関わっている専門家が、お客様のリアルを知るSIベンダの立場から今年前半の現場を振り返ります。そして、その振り返りの中から見えてくる2021年の今、必要なことをお伝えします。

15:35~16:00 (25分) 特別講演 日清食品グループが取り組むゼロトラストセキュリティ

日清食品ホールディングス株式会社 情報企画部 課長
岩下 輝彦氏

【講演内容】
日清食品グループでは「食の安定供給」という社会的責任を果たすべく、国内のグループ各社を原則在宅勤務体制へ移行し、現在は在宅勤務を中心とした「新たな働き方」が定着し始めています。新たな働き方を支える「ゼロトラストセキュリティ」をどう解釈して取り組んでいるのか、その取り組みの目指す先についてご紹介します。


※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者 Speaker

西本 逸郎氏

株式会社ラック
代表取締役社長

プログラマとして数多くの情報通信技術システムの開発や企画を担当。2000年より、サイバーセキュリティ分野にて新たな脅威への研究や対策に邁進。2017年4月に代表取締役社長に就任。安全なデジタル社会を支えるため、講演や新聞・雑誌への寄稿、テレビ出演などの啓発活動を実施。

岡元 一成氏

マクニカネットワークス株式会社

2017年 株式会社マクニカに入社。ネットワーク/セキュリティ製品のエンジニアとして多くのお客様への販売及びサポートを担当。その後エンドポイント商材におけるセキュリティ製品の提案/導入サポートに従事。

佐野 誠治氏

株式会社ソリトンシステムズ
プロダクト&サービス統括本部・部長

同社にて、ID管理・認証製品のコンサルティング提案、マーケティング活動に従事。国産メーカーの立場で、日本組織の環境・運用特性を考慮したホワイトペーパー等を執筆。

橋本 淳氏

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
ソフトウェア事業本部 ソフトウェアビジネス三部 部長

ユーザ系ITベンダーで認証基盤製品デリバリに従事したのち、2006年に野村総合研究所(NRIセキュア)に入社。某金融機関向けログ分析業務を担当したのちに、自社開発である特権IDアクセス管理製品、SecureCube Access Checkの運用、導入、プリセールス、企画、開発に従事。

中村 真一氏

NECソリューションイノベータ株式会社
デジタル基盤事業部 第三グループ 第一セキュリティサービスグループ プロフェッショナル

(ITストラジテスト/プロジェクトマネージャ/システムアーキテクト(経済産業省)/情報処理安全確保支援士)

1993年中国日本電気ソフトウェア(現NECソリューションイノベータ)入社。オフコン基本ソフト、携帯電話端末の基本OSなどソフトウェア開発業務を経験後、2001年よりセキュリティ製品の企画、開発、販売促進、SI業務に従事。2014年からNEC/サイバーセキュリティ戦略本部に所属し、サイバーセキュリティ全般の提案支援や、業界・各種団体の講演やセミナーなどでも活躍。

岩下 輝彦氏

日清食品ホールディングス株式会社
情報企画部 課長

前職で主にクラウドサービスの開発を担当。
2017年より日清食品ホールディングスに入社。
社内インフラやセキュリティ領域を担当し、日清食品グループのゼロトラストセキュリティを推進。

及川 みずほ氏【司会】

株式会社サークルネット

日本経済新聞社主催イベントや東京モーターショー等、数多くのセミナー・展示会にて司会、ナレーターを担当。


リンクをコピー

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる