• HOME
  • バーチャルプロダクションDay 2022

キーワード

バーチャルプロダクションDay 2022


リンクをコピー

テレビ、映画、CM、プロモーションビデオ・・・
制作からマーケティングまで、映像にかかわるすべての人のために。
制作現場を変革し、映像表現の可能性を広げる「バーチャルプロダクション」。
なかでも投資が相次ぐ「インカメラVFX」の最新動向と
潜在力が分かるオンラインカンファレンス初開催!

概要OVERVIEW

開催日時
2022/2/24(木)
オンライン会場
オンライン会場
(視聴URLは事前登録されたみなさまへ、2月22日(火)にメールでご連絡いたします)
受講料
受講料無料(事前登録が必要です)
主催
日経BP
協賛
ソニーグループ株式会社、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、disguise Japan合同会社
後援
映像産業振興機構(VIPO)
申し込み締め切り
2月21日(月)
お問い合わせ
https://support.nikkeibp.co.jp/app/ask_1601/p/439

プログラム Program

10:00~10:30 オープニングセッション「バーチャルプロダクションって何?」

LEDパネルとインカメラVFXを使った「バーチャルプロダクション」基礎講座。2022年2月に完成したばかりのソニーPCLスタジオ「清澄白河BASE」の設備を解説しながら、バーチャルプロダクションの仕組みから、使い方、メリット・デメリットなどについて、基礎知識を学ぶ。

10:40~11:30 キーノートセッション「バーチャルプロダクションが切り開く未来」

映像業界のトップクリエイターでもある齋藤精一氏(パノラマティクス 主宰)と大友啓史氏(映画監督)を、清澄白河BASEにお招きして、バーチャルプロダクションのデモンストレーションを体験。バーチャルプロダクションの機能や効用を共有し、その可能性について話し合う。

11:40~12:10 ワールドワイドトレンドセッションA「バーチャルがもたらすコンテンツ産業の変化とメタバースへの展望」

LED ICVFXを始めとして、バーチャル空間を活用した革新的な映像制作手法として注目されているバーチャルプロダクション。
市場の全体像を俯瞰的に整理しながら、バーチャルの活用によって今業界で何が起きているのか、これからどのようにコンテンツ産業が変化していくのかについて考察する。

13:00~13:30 ワールドワイドトレンドセッションB「バーチャルプロダクションのグローバルトレンドと日本市場における普及のポイント」

映画やドラマシリーズを始めとする映像制作業界におけるバーチャルプロダクションの導入状況やグローバルでの先端事例を、豊富な市場データとともに紹介する。
また、業界先端を行く英国市場の現状などを踏まえ、日本市場での普及における今後のキーポイントにも言及する。

登壇者 Speaker

齋藤 精一

パノラマティクス 主催

大友 啓史

映画監督

越野 創太

ソニーPCL ディレクター

今市 拓郎

デロイト トーマツ コンサルティング
ディレクター

辻田 慶太郎

デロイト トーマツ コンサルティング
シニアコンサルタント

Jiten Dajee

Rock Paper Realty
Director, Expert in Virtual Production

今村 美都紀

デロイト トーマツ コンサルティング
マネジャー


リンクをコピー

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる