• HOME
  • 日経電子版オンラインセミナー 経理・財務・会計DX ~企業価値を高めるバックオフィスのデジタルシフト戦略~

日経電子版オンラインセミナー
経理・財務・会計DX
~企業価値を高めるバックオフィスのデジタルシフト戦略~


リンクをコピー

2020年からの新型コロナウイルス感染症の拡大や社会全体のデジタル化の加速に伴い、企業の経営・業務スタイルは大きく変化しました。様々な領域でDXの必要性が叫ばれる中、経理・財務・会計部門といったバックオフィスもその例外ではありません。
しかし、根強い紙文化や業務の属人化が障壁となり、DXが思うように進んでいないケースも少なくはないのが現状です。経営の根幹を担う経理・財務・会計部門において、アナログ業務からの脱却をはじめとするDX戦略をどのように構築・推進してゆけば良いのか。
本セミナーでは、経理・財務・会計業務のデジタルシフトによって企業の生産性や価値を高める術を、先進企業の事例も交えてお伝えします。

概要OVERVIEW

開催日時
2022年3月30日(水)13:00~15:00
参加費

無料

申し込み締切

2022年3月28日(月)17:00

オンラインセミナー 参加について

お申込みいただいた皆様には開催前日までにご登録のメールアドレス宛に視聴ページのURLをお送りさせていただきます。
※お使いの端末のセキュリティー設定により、迷惑メールに分類されることがございます。
 当日までに未着の場合は、一度、迷惑メールフォルダーをご確認ください。
※携帯電話のメールアドレスの場合、キャリアのセキュリティー設定により、受信できない場合がございます。

メールの案内に従って記載のお時間までに視聴ページにお越しください。
※開始10分前までに一度視聴ページにお越しいただき視聴確認をお願いします。

主催

日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット

協賛(講演順)

LayerX、マネーフォワード、ラクス、BEARTAIL

禁止・注意事項

・視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。
・オンラインセミナーの録音・録画・撮影は禁止です。
・登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。
・上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合はございますのでご了承ください。

お問い合わせ

日経電子版オンラインセミナー「経理・財務・会計DX」事務局
◇専用メールアドレス ds_seminar@nex.nikkei.co.jp
(9:30~17:30 土・日・祝を除く)

プログラム Program

13:00~13:20
基調講演
企業価値向上のためのデータ活用と因果推定〜ESG経営の視点から〜

株式会社グッド・ニュースアンドカンパニーズ 代表取締役
崔 真淑氏

【講演内容】
効果測定のための会計・社内データ活用法についてお伝えします。社内施策が、企業価値向上やESG経営に繋がっているかを計測するために、どのように因果推定を行えば良いかを学術メソッドや企業事例を用いて説明します。

13:20~13:40
セッション1
バクラクシリーズを利用した受取請求書の処理業務効率化と改正電子帳簿保存法対応

株式会社LayerX 執行役員 SaaS事業部副事業部長
牧迫 寛之氏

【講演内容】
バクラク請求書は、請求書の受取から経理の会計処理・支払処理をまとめて自動化するクラウド型経理DX支援システムです。本講演では、バクラク請求書の製品概要や導入によるメリット、実際に導入いただいている企業の声などを紹介いたします。また、改正電子帳簿保存法の対応についてもお話させていただきます。

13:40~14:00
セッション2
【3つのユーザー企業事例】経理3大お悩みを解決したユーザー事例をご紹介

株式会社マネーフォワード クラウドERP本部 セールス部 プリセールス
井上 雄介氏

【講演内容】
「テレワーク対応」「ペーパーレス対応」「内部統制対応」など、経理・財務業務の効率化を進めるにあたってはさまざまな課題がついて回ります。 本セッションでは、経理・財務業務やバックオフィス業務の効率化に課題をお持ちの方に向けて、クラウド型ERPシステムや会計システムの導入メリットを3つのユーザー企業の事例を基に解説します。

14:00~14:20
セッション3
新時代の会社を創る「経理のデジタル化」~ペーパーレス化を実現する請求書電子化を徹底解説~

株式会社ラクス 楽楽明細事業部 ダイレクトセールス課 経理業務改善コンサルタント
松崎 健一氏

【講演内容】
新型コロナウイルス感染拡大やDX普及の背景から、多くの企業で急速なデジタル化が進んでいます。しかしながら、経理部門は「紙」にまつわる業務の多さから、デジタル化に遅れを取っていると言わざるを得ません。また、経理業務のペーパレス化を進めたいと考えているものの、「どこから手を付けたらよいか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。本セミナーでは、経理業務の中でも、費用対効果や手間削減効果を出しやすい「請求書の電子化」から「経理のデジタル化」を進め、生産性を高めた事例をご紹介します。

14:20~14:40
セッション4
電子帳簿保存法・インボイス制度を踏まえ、請求書受領から始めるDX「インボイスポスト」

株式会社BEARTAIL マーケティング部 副部長
大野 裕太郎氏

【講演内容】
2022年1月より施行された改正電子帳簿保存法や2023年10月施行開始のインボイス制度。バックオフィスを取り巻く環境は大きな変化が続いています。
バックオフィスDXのために必須な法律解説ならびに、まず手を付けるべき請求書処理について、詳しくご説明させていただきます。

14:40~15:00
特別講演
トレーサビリティの高いバックオフィスが実現するまで~完全オンラインでゼロから構築~

スタディプラス株式会社 取締役CFO
中島 花絵氏

【講演内容】
当社のバックオフィスは、ほぼオンラインで完結する体制を構築していますが、これは紙文化から移行したのではなく、ゼロから完全オンラインの仕組みを目指して作りました。そのため、移行の苦労は経験しておらず、ノウハウもありませんが、完全オンラインのバックオフィスの世界観、そこで感じるメリットについてを共有させていただきます。特に、オンライン化がもたらすトレーサビリティが、経理・財務・会計においてどのようなメリットをもたらしているかについて、現場の体験をもとにお話させていただきます。



※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者 Speaker

崔 真淑氏

株式会社グッド・ニュースアンドカンパニーズ 代表取締役

エコノミスト (MBA in Finance ) 一橋大学大学院博士後期在籍。専門は、コーポレート・ファイナンス。株式会社グッド・ニュースアンドカンパニーズ代表取締役。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。東証特任講師。カオナビ社外取締役。データ検証や学術研究に基づくファイナンス、IRアドバイスを企業に行い、メディアで経済解説を行う。テレビ朝日『サンデーステーション』フジテレビ『Live News α』テレビ東京『昼サテ』日経CNBC等に出演。

牧迫 寛之氏

株式会社LayerX 執行役員 SaaS事業部副事業部長

大阪大学法学部卒。グリー株式会社に新卒入社し、プロジェクトマネジメント等に従事。 2014年より株式会社Gunosyに参画。新規事業開発室にて複数の事業開発を推進後、投資先であるジャカルタにて事業会社のVPoPとしてハンズオン支援。 帰国後の2018年、LayerXに参画し、2019年執行役員就任。ビジネスサイドの責任者としてバクラク請求書の立ち上げを担当。

井上 雄介氏

株式会社マネーフォワード クラウドERP本部 セールス部 プリセールス

大手電機メーカーでアカウントセールスを担当後、外資系ITベンダー、コンサルティングファーム等を経て株式会社マネーフォワードに入社。2021年7月より現職。主に中堅企業・上場企業向けSaaS「マネーフォワード クラウドERP」のプリセールスを担当。

松崎 健一氏

株式会社ラクス 楽楽明細事業部 ダイレクトセールス課 経理業務改善コンサルタント

株式会社ラクスにて、業種業態・企業規模問わず、あらゆる企業に対し、IT化による業務改善を推進。経営層に対する売上げアップの提案から、部門向けの業務効率化、コスト削減の実施まで、幅広くコンサルティングした実績を持つ。

大野 裕太郎氏

株式会社BEARTAIL マーケティング部 副部長

2019年BEARTAIL入社、インサイドセールスとして活動。現在ではイベントマーケティングを中心に「RECEIPT POST」「INVOICE POST」の認知、販促活動や各種セミナーへの登壇を行なっている。

中島 花絵氏

スタディプラス株式会社 取締役CFO

2018年スタディプラス株式会社入社、管理部を統括した後、2018年3月取締役就任。当社参画前は、あずさ監査法人にて会計監査に従事したのち、2008年に株式会社カカクコムに入社し、経営企画室長、財務経理部長及び企画IR室長を歴任。公認会計士、証券アナリスト。


リンクをコピー

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる