人と組織の未来アカデミー

人手不足や働き方改革、組織の高齢化など、「人と組織に関する課題」は企業を経営する上で避けられないテーマとなっています。本フォーラムは、企業の経営や人事に携わる方が「未来の人と組織」についてお考えいただく機会として、随一の研究者や著名な経営者を講師として招き、幅広いテーマに対応する講演プログラムを用意しています。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2018年11月30日(金)
13:30~17:55(開場13:00)
会場
JPタワーホールアンドカンファレンス
(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE4階)
受講料
無料
定員
400名
主催

日本経済新聞社クロスメディア営業局

協賛

パーソルグループ

申し込み締切日

2018年11月20日(火)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

「人と組織の未来アカデミー」事務局

TEL:03-5966-5779 (受付時間 10:00~18:00 土・日・祝日を除く)

FAX:03-5966-5773
E-mail: nikkei-persol1130@stage.ac

プログラムPROGRAM

<第一部>

13:30~13:40 協賛社挨拶

パーソルホールディングス 代表取締役社長 CEO 水田 正道 氏

13:40~14:40 基調講演

「人と組織のイノベーション」
 法政大学大学院 教授
 一橋大学 名誉教授 米倉 誠一郎 氏
 (※当初プログラムから基調講演者が変更となりました。)

14:40~15:30 先進事例紹介

「働き方改革<Project PRIDE>の進化 ~生産性向上から価値向上へ~」
 アクセンチュア 代表取締役社長 江川 昌史 氏

15:30~15:50 休憩

<第二部>

15:50~16:40 テーマ別セミナー①

・「事例に学ぶタレントマネジメントの最前線」
  登壇企業:小田急電鉄、丸井グループ
  パーソル総合研究所 代表取締役社長 渋谷 和久 氏

・「労働関連法改正と戦略的人材活用」
  パーソルホールディングス 取締役専務執行役員 兼
  パーソルテンプスタッフ 代表取締役社長 和田 孝雄 氏

・「日本型雇用からの転換シナリオ-日本企業再興のために-」
  パーソル総合研究所 取締役副社長 シンクタンク本部長 櫻井 功 氏

※3つのテーマからお好きなセミナーを選んで受講していただきます。
希望者多数のセミナーは抽選となります。ご了承ください。

16:40~16:55 休憩

16:55~17:55 テーマ別セミナー②

・「人手不足をどう乗り越えるか-2030年までの労働市場-」
  中央大学大学院 経済学研究科 委員長
  中央大学 経済学部 教授 阿部 正浩 氏

・「ミドル・シニア躍進の科学 -40-60歳社員の躍進を促すためのアクションと企業事例-」
  法政大学大学院 政策創造研究科 教授
  イノベーション・マネジメント研究科 兼担教授 石山 恒貴 氏
  パーソル総合研究所 石橋 誉 氏

・「“希望の残業学”が明らかにした長時間労働の発生メカニズムとその対策」
  立教大学 経営学部 教授 中原 淳 氏
  パーソル総合研究所 小林 祐児 氏

※3つのテーマからお好きなセミナーを選んで受講していただきます。
希望者多数のセミナーは抽選となります。ご了承ください。
*プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

米倉 誠一郎 氏

法政大学大学院 教授
一橋大学 名誉教授

専攻は、イノベーションを中心とした企業の戦略や組織の歴史的研究。近年は、BOPとソーシャル・ビジネスや社会企業家の役割にも高い関心を払っている。1997年より同大学イノベーション研究センター教授、99−2001年、08−12年とセンター長を3期務める。季刊誌「一橋ビジネスレビュー」編集委員長、およびアカデミーヒルズ「日本元気塾」塾長でもある。ハーバード大学歴史学博士号取得(Ph.D.)。プレトリア大学日本研究センター所長(12年-15年)の兼任を経て、現在は同センターの顧問を務める。著書は、「松下幸之助―きみならできる、必ずできる」(ミネルヴァ書房)、「イノベーターたちの日本史~近代日本の創造的対応」(東洋経済新報社)、「オープン・イノベーションのマネジメント」(有斐閣)、「創発的破壊 未来をつくるイノベーション」(ミシマ社)、「2枚目の名刺」(講談社+α新書)、「経営革命の構造」(岩波新書)など多数。

江川 昌史 氏

アクセンチュア 代表取締役社長

1989年慶応義塾大学商学部卒業、同年アクセンチュアに入社。 製造・流通業界を中心としつつ、通信、ハイテク、素材・エネルギー、金融業界や公共サービス領域など、多岐にわたるお客様のプロジェクトを指揮。主に、戦略立案、構造改革、新規事業立ち上げ、デジタル変革、大規模アウトソーシングプロジェクトなど、さまざまな領域の案件を主導した。2000年にパートナー就任。 消費財業界向け事業の日本統括を歴任し、08年10月に執行役員製造・流通本部統括本部長に就任。 14年12月に取締役副社長就任、15年9月に現職である代表取締役社長に就任。経済同友会 会員。また、リクルートホールディングス経営諮問委員、サーキュラーエコノミー推進機構理事を務めている。

和田 孝雄 氏

パーソルホールディングス 取締役専務執行役員 兼
パーソルテンプスタッフ 代表取締役社長

1962年京都府京都市生まれ。86年立命館大学法学部卒、91年テンプスタッフ(現パーソルテンプスタッフ)入社。営業企画本部長を経て2005年に執行役員、13年取締役副社長、16年4月代表取締役社長に就任(現職)。08年にテンプホールディングス(現パーソルホールディングス)取締役、16年取締役執行役員を経て、取締役専務執行役員に就任。

渋谷 和久 氏

パーソル総合研究所 代表取締役社長

1976年生まれ。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て2004年インテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社。アルバイト求人広告事業の営業企画部門、大企業向け営業部門、代理店統括部門の各責任者を経て、テンプグループ(現パーソルグループ)との経営統合により、14年テンプホールディングス(現パーソルホールディングス)のグループ営業本部長に就任。16年インテリジェンスHITO総合研究所(現パーソル総合研究所)の社長を兼任。組織人事コンサルティングサービスと、人と組織をテーマにした調査・研究活動を牽引している。

櫻井 功 氏

パーソル総合研究所 取締役副社長 シンクタンク本部長

一橋大学法学部卒。米国コーネル大学ロースクール法学修士。三和銀行において17年間国内外のビジネスを経験したのち、ゼネラルエレクトリック、シスコシステムズ、HSBCの人事リーダーポジションを歴任。経営のパートナーとして、戦略的人事サポートを提供してきた。直近では大手リテールチェーンの人事担当役員として、人事制度改革並びにそれを通じた風土改革プロジェクトをリードし、IPO実現に寄与。2016年5月より現職。

阿部 正浩 氏

中央大学大学院 経済学研究科 委員長
中央大学 経済学部 教授

専門は労働経済学、経済政策論。1966年福島県いわき市生まれ。90年慶應義塾大学商学部卒、95年慶應義塾大学大学院商学研究科単位取得中退。2003年に慶應義塾大学より博士(商学)取得。電力中央研究所経済社会研究所主任研究員、一橋大学経済研究所助教授、獨協大学教授を経て、13年から現職。厚生労働省「労働政策審議会」委員、内閣府「仕事と生活の調和連携推進・評価部会」委員、経済産業省「新・ダイバーシティ経営企業100選運営委員会」委員などを兼務。著書として、日経・経済図書文化賞および労働関係図書優秀賞を受賞した『日本経済の環境変化と労働市場』(東洋経済新報社)や『少子化は止められるか?』(有斐閣)、『職業の経済学』(中央経済社)、『5人のプロに聞いた!一生モノの学ぶ技術・働く技術』(有斐閣)など、その他多数。

石山 恒貴 氏

法政大学大学院 政策創造研究科 教授
イノベーション・マネジメント研究科 兼担教授

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア開発、人的資源管理等が研究領域。人材育成学会理事、フリーランス協会アドバイザリーボード、早稲田大学大学院総合研究センター招聘研究員、NPOキャリア権推進ネットワーク授業開発委員長、一般社団法人ソーシャリスト21st理事、一般社団法人全国産業人能力開発団体連合会特別会員。
主な著書:『越境的学習のメカニズム』福村出版、2018年、『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、2015年主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan, Journal of Knowledge Management, Vol.20,No.6,2016.

中原 淳 氏

立教大学 経営学部 教授

立教大学 経営学部 教授(人材開発・組織開発)。立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所 副所長などを兼任。博士(人間科学)。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等をへて、2018年より現職。『アルバイト・パート 採用・育成入門』著・中原淳+パーソルグループ(ダイヤモンド社)など、人材開発・組織マネジメントに関する著作多数。近刊に「希望の残業学(仮)」パーソル総合研究所との共著(光文社新書)。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR