東京開催
日経ビジネスイノベーションフォーラム
「出口戦略としてのM&A活用セミナー」

いまやM&Aは一般的な経営手法として普及してきています。後継者不在に悩む企業の事業承継対策はもとより、ベンチャー企業の出口戦略として、また、事業の選択と集中のためなど、取り組まれる目的も多岐にわたります。本フォーラムでは、会社を実際に譲渡された経営者による体験談や、M&Aについて知見の深い専門家による講演を通じて、経営の出口戦略としてのM&Aを考えるための有効な情報をご提供します。

基調講演にはフレッシュネスバーガーの創業者である栗原幹雄氏をお迎えし、これまでに三度の起業、三度のM&Aをされた経験をもとにした、貴重な体験談をお話いただきます。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2018年3月14日(水)
13:30~16:25 (開場 13:00)
会場
日経ホール 日経ビル3F
受講料
無料
定員
500名
締め切り

2018年3月6日(火)

※お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券をお送りいたします。当選者の発表は受講券の発送をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

主催

日本経済新聞社 クロスメディア営業局

協賛

株式会社ストライク

お問い合わせ

「出口戦略としてのM&A活用セミナー」事務局

Tel : 03-5917-0201(受付時間 10:00~18:00 土、日、祝日を除く)

プログラムPROGRAM

13:30~14:20(50分) 基調講演

「 3 度のM&Aで得たもの」
フレッシュネスバーガー創業者/フライドグリーントマト代表取締役 栗原 幹雄氏

14:20~15:10(50分) 協賛企業講演

「経営者のためのM&A活用法と事例紹介」
株式会社ストライク 代表取締役社長 荒井 邦彦氏

 15:10~15:25(15分) 休憩

15:25~16:10(45分) M&A体験談

「私が会社を譲渡した理由」
プロステージ株式会社 前代表取締役 松井 明氏

16:10~16:25(15分) 要点解説

「成功するM&Aのポイント」
株式会社ストライク 取締役 金田 和也氏

登壇者SPEAKERS

栗原 幹雄氏

フレッシュネスバーガー創業者/フライドグリーントマト代表取締役

1951年 埼玉県川越市生まれ 74年 日本大学建築工学科卒。積水ハウス株式会社入社、設計部勤務、78年に退社、義兄とともに〈ほっかほっか亭〉の創業に参画し、第一の起業。4年で1,000店を達成し、大企業に育て上げる。92年〈フレッシュネスバーガー〉1号店を渋谷区富ヶ谷で創業。第二の起業を果たす、94年多店舗展開を開始、2007年度200店舗達成、12年 安定企業となり、創業20周年を迎え、株式会社フレッシュネス売却、12年10月フライドグリーントマト㈱設立、17年9月には、 株式会社グリーンズプラネットオペレーションズを買収、インキュベーション会社とオペレーション会社を持ち、第三の起業をする。

荒井 邦彦氏

株式会社ストライク 代表取締役社長

1993年4月、在学中に太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入所。94年3月一橋大学商学部卒業。監査法人在職中に証券取引法・商法に基づく法定監査、株式公開のコンサルティング、M&A・金融機関の債権売却のデューディリジェンスなどを経験。
97年ストライクを設立し、数多くのM&Aに関与。2017年6月東証一部へ市場変更した。

松井 明氏

プロステージ株式会社 前代表取締役

八王子を拠点に、人材派遣業を中心とした総合人材サービス業を多摩エリアで展開してきたプロステージ。人材派遣業としては異色の「高く仕入れて安く売る」――派遣社員には良い待遇を、派遣先企業には低廉価格を提供することをモットーに、地域密着型で多くの優良企業から愛され成長を果たしてきた。2015年9月には、後継者不在を理由に、大手人材関連サービス企業に会社を譲渡した。

金田 和也氏

株式会社ストライク 取締役

大学卒業後、あずさ監査法人(現:有限責任あずさ監査法人)入所。金融機関向け監査証明業務などを経験。
2009年ストライクに入社。後継者不在の企業経営者の課題解決をM&Aにより支援。近年はオーナー企業経営者のM&Aを活用した出口戦略を支援。13年執行役員就任、17年取締役就任。公認会計士。

過去のイベントの様子PAST EVENTS

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR