日経MJフォーラム
「今だからこそ効く、ビジネスにリアルレターが必要なわけ」

メール、SNSなどのデジタルツールの普及は目覚ましく、今では販売促進やビジネスコミュニケーション手段の主流となりました。

さまざまなものがデジタル化する一方で、顧客・取引先などとの絆を強め、他社との差別化を図れる「ダイレクトメール」が見直されています。

このデジタル全盛の時代において、なぜ「ダイレクトメール」が重宝されるのか?
本セミナーでは、その理由と魅力、事例を紹介し、年賀状シーズンを活かしたコミュニケーションのツボについて解説していきます。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2018年12月5日(水)
14:30~16:30(開場14:00)
会場
日経カンファレンスルーム(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階)
受講料
無料
定員
100名
主催

日本経済新聞社

協賛

日本郵便

申し込み締切日

2018年11月27日(火)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

日経MJフォーラム「ビジネスにリアルレター」事務局

※「年賀ダイレクトメール」から事務局名変更しました。
〒171-0042 東京都豊島区高松1-1-11
TEL:03-5917-0201 (10:00~18:00/土・日・祝日除く)

プログラムPROGRAM

14:30~15:20 第1部「トークセッション」

<デジタル時代に、リアルレターがビジネスに効く理由>
 スペースマーケット 代表取締役社長 重松 大輔 氏
 博報堂ケトル 代表取締役 木村 健太郎 氏

15:20~15:30 休憩

15:30~16:30 第2部「事例紹介&ディスカッション」

<全日本DM大賞から紐解く、年賀状のダイレクトメール 成功の法則>
〔プレゼンテーション〕
 ダイレクトマーケティングゼロ 代表取締役社長 田村 雅樹 氏
 ドリッパーズ 代表取締役 川久 晋悟 氏
〔コーディネーター〕
 博報堂ケトル 代表取締役 木村 健太郎 氏

登壇者SPEAKERS

重松 大輔 氏

スペースマーケット 代表取締役社長

1976年千葉県生まれ。NTT東日本入社後、プロモーション等を担当。その後フォトクリエイトに参画し新規事業開発等に従事。2013年、東証マザーズ上場を経験後、14年、スペースマーケットを創業。イベントスペース、会議室、スタジオ、住宅、お寺、無人島などあらゆるスペースを1時間単位で貸し借りできるマーケットプレイスを展開。16年1月、シェアリングエコノミーの普及と業界の健全な発展を目指す。「シェアリングエコノミー協会」を設立し代表理事に就任。

木村 健太郎 氏

博報堂ケトル 代表取締役

1992年に博報堂入社後、ストラテジーからクリエイティブ、デジタル、PRまで職種領域を越境したスタイルを確立し、2006年、博報堂ケトルを設立。マス広告を基軸としたインテグレートキャンペーンから、デジタルやアウトドアを基軸としたイノベーティブなキャンペーンまで幅広い得意技を持つ。これまで8つのグランプリを含む様々な国内外の広告賞を受賞し、カンヌライオンズチタニウム部門審査員、アドフェスト、スパイクスアジアの審査委員長など25回以上の国際広告賞の審査員経験を持つ。海外での講演も多く、4度のカンヌライオンズ公式スピーカーを務める。17年、博報堂のアジア地域でのチーフクリエイティブオフィサーを兼任。18年、ADWEEKが選ぶ世界のクリエイティブ100に選ばれる。日本DM大賞審査員、著書に『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(宣伝会議)がある。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR