【女性限定】
丸の内キャリア塾スペシャルセミナー
丸キャリTravel ~奈良を知る。日本を知る。~第20回

リンクをコピー

奈良の魅力を楽しく、わかりやすく学べるセミナーです。

奈良の中央部に位置し、1200年以上の歴史を誇る長谷寺・室生寺・岡寺・安倍文殊院――ここにはかつて、泊瀬朝倉宮・磐余・飛鳥・藤原京と、移りゆく幾代もの都が点在しました。この四つのお寺を巡礼することは、忘れていた日本のこころを探訪する旅とも言えます。本セミナーでは、長谷寺をはじめとする大和四寺の歴史をもとに、この地に根付いた信仰についてお話しするとともに、大和四寺の魅力とめぐり方をご紹介します。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019/4/16(火)
19:00~21:00 (開場18:30)
会場
日経ホール
(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル 3F)
受講料
無料
定員
600名
主催

日本経済新聞社イベント・企画ユニット

協賛

JR東海

締め切り

2019年4月8日(月)

・お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
・当選の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
・ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本セミナーの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

丸キャリTravel セミナー事務局

TEL:03-3545-2447 (受付時間 10:00~18:00、土・日・祝日を除く)
※電話受付はお問い合わせのみ

プログラムPROGRAM

19:00~20:00 講演

「古から続く巡礼の魅力」
関根 俊一氏 (奈良大学 副学長)

20:00~20:15 休憩

20:15~21:00 トークセッション

「大和四寺をめぐる」
関根 俊一氏 (奈良大学 副学長)
紺野 美沙子氏 (俳優)
住友 真世氏 (フリーアナウンサー)



※プログラムは都合により変更する場合がございます。

登壇者SPEAKERS

関根 俊一氏

奈良大学 副学長

専門は日本美術史、日本工芸史。慶応義塾大学大学院文学研究科(美学・美術史学)修了。奈良国立博物館研究員、普及室長、帝塚山大学教授を経て現在奈良大学副学長、同文学部文化財学科教授。奈良国立博物館在職時は「正倉院展」を担当。研究の中心は仏教美術で、とくに仏像や正倉院宝物をはじめとする工芸品など。主な著書に『奈良の仏像』『京都の仏像』(フジタ)、『仏尊の事典』(編著・学研)、『梵天・帝釈天』『山岳信仰の美術 日光』『古神宝』(至文堂)、『金剛鈴と金剛杵』(ぎょうせい)など。

紺野 美沙子氏

俳優

東京生まれ。1980年、慶応義塾大学在学中にNHK連続テレビ小説「虹を織る」のヒロイン役で人気を博す。「武田信玄」「あすか」など多数のドラマに出演。舞台「細雪」(原作・谷崎潤一郎)では三女・雪子役を好演。他に、「オットーと呼ばれる日本人」(作:木下順二)、「きんぎょの夢」(原作:向田邦子)、「日本の面影」(作:山田太一)など、硬軟を問わず意欲的に舞台に取り組んでいる。98年、国連開発計画親善大使の任命を受け、カンボジア・パレスチナ他、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。2010年秋から、「紺野美沙子の朗読座」を主宰。様々なジャンルのアートと朗読を組み合わせたパフォーマンスを全国各地で公演している。

住友 真世氏

フリーアナウンサー

1988年福島テレビ入社。「FTVテレポート」など報道番組中心に活躍。92年に独立し、フジテレビ「FNNスーパータイム」ニュースレポーター、NHK「ワールドニュース」「BSニュース」「BS23」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト(土曜版)」のメインキャスターを務める。コラムや書評など活字媒体でも活躍。現在はセミナー、講演、司会など幅広く活躍する一方、人材教育・研修会社を経営し、コミュニケーションスキル、語学、異文化理解など社員研修を企画実施。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー