第3回 チャレンジニッポン
「スポーツテック新時代のビジョン」

リンクをコピー

スポーツはテクノロジーと結びつき、その魅力や価値が一段と高まります。次世代通信規格「5G」技術はスポーツ観戦の楽しみ方を新しいステージに導きます。アスリートが全力を注ぐ一瞬をとらえる計時技術は競技の舞台を支え、見る者にも感動を届けます。連続シンポジウム「チャレンジニッポン」はスポーツとテクノロジーが強固に結びつくスポーツテック新時代の姿を浮き彫りにします。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
9月25日(水)
13:30~16:00
会場
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)
定員
600名
聴講料

無料

主催

日本経済新聞社

申込締切日

2019年9月11日(水)

※お申し込みには日経IDが必要となります。

※お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券メールをお送りいたします。プリントアウトをしていただき当日お持ちください。

※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本シンポジウムの実施目的以外には使用いたしません。

※講師、講演内容については、都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。

お問い合わせ

「チャレンジニッポン」事務局

TEL:03-6812-8685 (9:30~17:30 土・日・祝日は除く)

E-mail :challenge-nippon@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

13:30~14:00 【基調講演1】 「5G時代のスポーツパートナーシップ おもしろいほうの未来へ」

髙橋 誠氏 (KDDI 代表取締役社長)

14:00~14:30 【基調講演2】 「感動の瞬間を支える技術 計時のイノベーション」(仮)

服部 真二氏 (セイコーホールディングス 代表取締役会長 兼 グループCEO)

14:30~16:00 【パネル討論】 「スポーツ×テクノロジー 2020年からの飛躍」(仮)

パネリスト
橋口 寛氏 (ユーフォリア代表取締役CEO)
林 建一氏 (Qoncept代表取締役社長兼CTO)
秋田 祐作氏 (デサントアリーナブランドマネジメントプロダクトプラニングチーフデザイナー)
宮下 純一氏 (北京五輪男子競泳日本代表)

モデレーター
榎戸 教子氏 (BSテレビ東京「日経プラス10」メインキャスター)

登壇者SPEAKERS

        髙橋 誠 氏

                KDDI
            代表取締役社長

1961年滋賀県生まれ。84年横国大工卒、京セラ入社。同6月第二電電(現KDDI)入社。2003年KDDI執行役員、07年取締役執行役員常務、10年代表取締役執行役員専務、16年代表取締役執行役員副社長。18年4月から現職。ベンチャー企業など社外のパートナーとの協業によってオープンイノベーションを推進し、新ビジネスを創造する。

       服部 真二 氏

          セイコーホールディングス
      代表取締役会長 兼 グループCEO

1953年東京都生まれ。75年慶大経卒、三菱商事入社。84年精工舎(現セイコークロック、セイコープレシジョン)入社。2001年セイコープレシジョン社長、03年セイコーウオッチ社長、10年セイコーホールディングス社長。12年から現職。陸上競技、水泳、体操などの計時・計測を支援するとともに、アスリートのサポートにも積極的に取り組む。

        橋口 寛 氏

               ユーフォリア
             代表取締役CEO

1970年熊本県生まれ。93年早大教育卒、メルセデス・ベンツ日本法人入社。米ダートマス大MBA(経営学修士)取得後、アクセンチュア戦略グループを経て、2008年ユーフォリアを設立。スポーツ選手のコンディション管理システムをラグビーやサッカーなどのチームに提供している。慶大院システムデザインマネジメント研究科特任講師も務める。

        林 建一氏

              Qoncept
         代表取締役社長 兼 CTO

1981年茨城県生まれ。2006年阪大院修了。阪大で研究していたAR(拡張現実)を中心とした画像処理技術の事業化を目指し、08年コンセプト(現Qoncept)を設立。09年阪大院博士後期課程修了。博士(工学)。ボールの位置をトラッキングしてデータを計測し、即時に映像化する技術が野球や卓球のテレビ番組などで採用されている。

       秋田 祐作 氏

      デサント アリーナブランドマネジメント
     プロダクトプラニングチーフデザイナー

1978年鳥取県生まれ。2001年バンダンデザイン研究所卒、デサント入社。スイムウエアを展開する「アリーナ」ブランドのデザイン業務に従事。04年アテネ五輪では、競泳の柴田亜衣選手の水着「エール・ブルー」のデザインを担当。柴田選手は800メートル自由形で金メダルに輝き、同商品は「グッドデザイン賞」を受賞した。

       宮下 純一 氏

           北京五輪男子競泳
              日本代表

1983年鹿児島県生まれ。2006年筑波大体育卒。08年北京五輪の競泳400メートルメドレーリレー第1泳者を務め、北島康介選手らと銅メダル獲得、100メートル背泳ぎは8位。引退後は水泳などの競技の魅力を幅広く伝えるスポーツキャスターを軸に活動。日本水泳連盟競泳委員として後進を指導するほか、筑波大非常勤講師なども務める。

       榎戸 教子 氏

        BSテレビ東京「日経プラス10」
            メインキャスター

1977年静岡県生まれ。大学在学中にスペイン国立サラマンカ大に留学。さくらんぼテレビ、テレビ大阪のアナウンサーを経て、2008年から日経CNBCの経済番組キャスターとして活躍。19年4月からBSテレビ東京の経済報道番組「日経プラス10」メインキャスターに。常葉大で非常勤講師も務める。趣味はウクレレ、ランニング。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー