長崎・日中文学シンポジウム
安部龍太郎、澤田瞳子と中国の歴史作家が語る「鄭成功と長崎」

リンクをコピー

概要OVERVIEW

開催日時
2019年11月1日(金)
会場
長崎原爆資料館ホール
受講料
1,000円(税込み)
お問い合わせ
TEL 03-3212-1766
日本中国文化交流協会
(月~金 9:30-17:30)
主催

日本中国文化交流協会、日本経済新聞社、中国作家協会

協力

長崎県、長崎市

協賛

小学館、集英社、㈱エムシー、㈲日比谷松本楼

後援

中華人民共和国駐長崎総領事館、長崎華僑総会

登壇者SPEAKERS

安部 龍太郎 氏

作家

1955年福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。
久留米工業高等専門学校 機械工学科卒。東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。
その間に数々の新人賞に応募し「師直の恋」で佳作となる。1990年に発表した「血の日本史」でデビュー。この作品で注目を集め「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説が出来た。作品に「関ヶ原連判状」「信長燃ゆ」「恋七夜」「維新の肖像」「姫神」など。近著「家康・自立篇」「半島をゆく」「宗麟の海」「平城京」など多数。2018年7月「信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変」上梓。2005年「天馬、翔ける」で第11回中山義秀文学賞を受賞、13年「等伯」で第148回直木賞受賞、15年福岡県文化賞受賞、17年福岡市文化賞受賞。

澤田 瞳子 氏

作家

1977年京都府生まれ。
同志社女子高等学校、同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院文学研究科博士課程前期修了、専門は奈良仏教史、母は作家の澤田ふじ子。
時代小説のアンソロジー編纂などを行い、2010年「孤鷹の天」で小説家デビュー。11年同作で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。12年「満つる月の如し 仏師・定朝」で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞受賞。16年「若冲」にて第9回親鸞賞受賞。15年「若冲」、17年「火定」、19年「落花」で直木賞候補。

李 敬沢 氏

中国作家協会副主席、文芸評論家、作家

1964年中国・天津市生まれ
北京大学中国語学部卒業。雑誌「人民文学」編集長を経て、現職は中国作家協会副主席、書記処書記、中国現代文学館館長、「中国現代文学叢書」編集長。理論評論文集と散文随筆集は10種余り。2014年評論集「致理想読者」、17年散文「青鳥故事集」「詠而歸」、18年評論集「会議室と丘」、長編随筆「会飲記」。「青鳥故事集」はフランスのフィリップ・ピキエ社からフランス語版、チリのLOM Ediciones社よりスペイン語版出版。2000年中華文学基金会馮牧文学賞優秀青年評論家賞、05年度「南方都市報」華語文学メディア大賞文芸評論家賞、07年度魯迅文学賞文学理論評論賞、14年度「羊城晩報」花地文学ランキングリスト評論家金賞、16年十月文学賞、17年度「南方都市報」華語文学メディア大賞散文家賞、十月散文双年賞特別業績賞(2年に1度)、18年「銭江報晩報」春風閲読勢力ランキングプラチナ図書賞を受賞。18年度「出版人」‟出版界年度審査“の作家となる。

張 培忠 氏

広東省作家協会副主席、中国作家協会会員、作家

1965年中国・広東省生まれ。
広東省教育庁など政府部門での長期勤務を経て、現職は広東省作家協会専任副主席。前後に発表した文学作品は150万字以上。主な著書に長編伝記文学「文妖と先知:張競生伝」、長編記録文学「海権戦略:鄭芝龍、鄭成功海商集団記録」、「海権1662:鄭成功台湾奪回」など。
第8回広東省魯迅文学芸術賞受賞、第9回広東省精神文明建設「五个一工程」優秀作品賞受賞。

島内 景二 氏(司会・進行)

日本文学研究者、文芸評論家、歌人

1955年長崎県佐世保市生まれ。
東京大学文学部国文学科卒業、同大学院博士課程修了、博士(文学)。現職は、電気通信大学教授。『源氏物語』と現代短歌を二つの焦点として、新しい日本文化史を構築している。著書は、約40冊。『源氏物語に学ぶ十三の知恵』『光源氏の人間関係』などの古典関連書のほか、『歴史小説真剣勝負』などで歴史・時代小説を論じ、文庫本の解説も多数手がける。『竹山広』では、長崎で被爆した異色の歌人・竹山広を論じた。最新刊の『和歌の黄昏、短歌の夜明け』では、江戸時代後期の文化人たちが、巨大な中国文化や西欧文化を前にして、戦いと協調のどちらを選ぶかという選択肢が、日本の近代文化を決定づけたと論じた。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー