【2月7日 名古屋開催】
人生100年時代の人材セミナー

リンクをコピー

人生100年時代を迎え、日本の雇用形態は大きく変わろうとしています。セカンドキャリアや副業・兼業を考えるベテラン社員にとって、また正社員経験の少ない若年世代にとっても、ご自身のキャリアデザインを自分で決めることが必要になっています。厚生労働省が推進するジョブ・カード制度をご紹介し、人と組織の活性化に向けたヒントをお伝えします。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2020/2/7(金)
18:30~20:30(開場18:00)
会場
日本経済新聞社 名古屋支社 日経栄カンファレンスルーム
(名古屋市中区栄4-16-33 日本経済新聞社名古屋支社3階)
受講料
無料
定員
120名
主催

日本経済新聞社 名古屋支社

協賛

中部・北陸広域ジョブ・カードセンター(株式会社パソナ内)

※本セミナーは、株式会社パソナが厚生労働省より受託・運営する平成31年度雇用型訓練等を活用したジョブ・カード制度の推進実施事業の一環として行われます。

締め切り

2020/1/29(水)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本セミナーの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

人生100年時代の人材セミナー運営事務局
TEL:03-6278-7860(受付時間 10:00~18:00 土・日・祝日を除く)

プログラムPROGRAM

18:00~18:30 開場

18:30~19:10 基調講演①

「人口減少時代に東海圏で起きること」
人生100年時代といわれる一方、出生数は90万人を割るなど、少子高齢化はいよいよ危険水域に突入してきた。人口減少日本で、地域や家庭、ビジネスの現場など私たちの身の回りでは、一体何が起こるのか? 自分の定年退職後に待ち受ける社会を具体的にイメージしながら、今からでも始められる対策を学びます。

人口減少対策総合研究所理事長/作家・ジャーナリスト  河合 雅司氏

19:10~19:30 公的施策の紹介 キャリアデザインのためのジョブカード活用法

講師:中部・北陸広域ジョブ・カードセンター

19:30~19:40 休憩

19:40~20:20 基調講演②

「自ら決めて行動できる人材育成が地方都市を活性化する」
日本各地で人口減少や地方創生がさけばれていますが、地方都市を活気づけるためには、夢を語り、自ら決めてチャレンジできる人を育てることが必要です。FC今治の取り組みを通じて、地域社会をどのように変えていくことができるか、その実践を紹介していただきます。

元サッカー日本代表監督/今治.夢スポーツ 代表取締役会長 岡田 武史氏

20:20~20:30 終演

※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

河合 雅司氏

人口減少対策総合研究所理事長
作家・ジャーナリスト

1963年、名古屋市生まれ。中央大学卒業。「人口減少対策総合研究所」理事長に就任。高知大学客員教授、大正大学客員教授、東日本国際大学健康社会戦略研究所客員教授、日本医師会総合政策研究機構客員研究員など多くの職務を兼任。厚労省をはじめ政府の各有識者会議委員も務める。2014年に「ファイザー医学記事賞」の大賞、18年にひまわりの会「ひまわり褒章」の個人部門賞、19年に「第80回文藝春秋読者賞」など受賞多数。人口減少日本で起きることを克明に描いた著書『未来の年表』(講談社現代新書)、続編の『未来の年表2』(同)、最新刊の『未来の地図帳』(同)は累計で約87万部(19年12月末日現在)となるなど、いずれもベストセラーとなっている。これら以外にも『日本の少子化 百年の迷走』(新潮社新潮選書)、『河合雅司の未来の透視図』(ビジネス社)、『マンガでわかる未来の年表』(講談社、漫画・水上航、監修・河合雅司)など数多くの著書がある。テレビ・ラジオのコメンテーターのほか、新聞、雑誌などで複数の連載も手掛ける。

岡田 武史氏

元サッカー日本代表監督
今治.夢スポーツ 代表取締役会長

1975年3月 大阪天王寺高等学校卒業
1980年3月 早稲田大学政治経済学部卒業
1980年4月 古河電気工業株式会社入社
1994年1月 古河電気工業株式会社退社
現職 今治.夢スポーツ 代表取締役会長

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる