【大阪開催】
日経SmartWork・日経産業新聞フォーラム
「総務 ・ 経理 ・ 人事部門の働き方改革」
~バックオフィスの課題解決のためのデジタル化~

リンクをコピー

長時間労働の是正や時間外労働の削減といった「働き方改革」が叫ばれる昨今、総務・経理・人事などのバックオフィス部門が取り組むべき課題とは何でしょうか。労働人口の減少や働き方改革などから、近い将来、AI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)が主流になると予想されています。ただ、大量のルーチン業務が劇的に効率化される一方、IT(情報技術)の活用だけでは解決できない課題も多くあります。部門の業務効率化と会社全体の生産性向上の両立には、果たして何が必要なのか考えていきます。

 

 

※大阪のほか、東京・札幌・名古屋・福岡でも開催いたします。

3/9(月) 東京開催の詳細はこちら

3/13(金) 札幌開催の詳細はこちら

3/18(水) 名古屋開催の詳細はこちら

3/23(月) 福岡開催の詳細はこちら

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2020/3/16(月)
13:00~18:00 (開場12:30)
会場
日本経済新聞社 大阪本社カンファレンスルーム
(大阪府大阪市中央区高麗橋1-4-2)
受講料
無料
定員
150名
主催

日本経済新聞社

協賛

カオナビ、サテライトオフィス、ロボットペイメント、大塚商会、コンカー

締め切り

2020/3/9(月)

  • お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券をメールでお送りいたします。プリントアウトをしていただき当日お持ちください。
  • 落選の方には落選メールをお送りします。
  • ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。
お問い合わせ

日経産業新聞フォーラム「総務 ・ 経理 ・ 人事部門の働き方改革」事務局

TEL: 03-6812-8659 (受付時間 9:30~17:30、土・日・祝日を除く)
FAX: 03-6812-8649
E-mail: ss-forum@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

13:00~13:40 基調講演

「成果を出し、自社に貢献する、戦略スタッフとは」
月刊総務 代表取締役社長 編集長 豊田 健一氏

13:40~14:20 セッション1

「なぜいま評価システムが必要なのか? 業務効率化と『個』を活かすこれからの人事評価とは」
カオナビ 取締役副社長 COO 佐藤 寛之氏

14:20~15:00 セッション2

「最新技術:マイクロソフト@Teams(チームス:チャット機能)を利用した業務改革」
サテライトオフィス 執行役員 別所 貴英氏

15:00~15:10 休憩

15:10~15:50 セッション3

「見落としてませんか? 経営にインパクトを与える請求業務効率化のススメ」
ROBOT PAYMENT 執行役員 フィナンシャルクラウド事業部長 藤田 豪人氏

15:50~16:30 セッション4

「大塚商会も実践中! ITで解決する”令和にやるべき5つの課題”とは?」
大塚商会 共通基盤セキュリティプロモーション部 井川 雄二氏

16:30~16:40 休憩

16:40~17:20 セッション5

「デジタル化で実現する間接部門の業務改革。 -事例から見るムダな時間とコストカットの方法-」
コンカー コマーシャル営業本部 本部長代理 川縁 啓介氏

17:20~18:00 クロージング講演

「第一生命が実践するRPA×Ai×人による生産性向上」
第一生命保険 事務企画部課長 岩元 慎弥氏



※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

豊田 健一氏

月刊総務
代表取締役社長 編集長

スタッフとは、ラインに貢献して初めてその存在意義が認められます。月刊総務で行った全国総務部門アンケート。800社を超える回答から見えてきた、成果を出し、自社に貢献する、戦略スタッフのあり方について、取材で得た事例も交えて解説します。

佐藤 寛之氏

カオナビ
取締役副社長 COO

働き方や人材が多様化する中、従来の人事評価に加えてOKRや1on1など「個」を重視した評価とそれを運用するシステムに注目が集まっています。本公演では導入1,500社を超え業界トップシェアを誇る人事評価システム『カオナビ』より、これからの人事評価のあり方と評価業務を大幅に効率化するシステムについて事例を交えながら解説させていただきます。

別所 貴英氏

サテライトオフィス
執行役員

マイクロソフトが総力をあげて推進するMicrosoft Teams (チームス:企業利用チャット機能)!企業内のデジタル化による業務効率化のヒントとポイントをご紹介します!

藤田 豪人氏

ROBOT PAYMENT
執行役員 フィナンシャルクラウド事業部長

なぜ、成長企業は「請求業務効率化」を急ぐのか。請求書の発行・送付、入金の消込・催促といった面倒な作業の削減だけが業務効率化と思っていませんか?効率化を通して見える経営視点での活用法を、請求業務と経営課題を解決するクラウドサービス「請求管理ロボ」の事例とともにご紹介いたします。

井川 雄二氏

大塚商会
共通基盤セキュリティプロモーション部

2020年は、働き方改革関連法による残業上限規制が本格的に施行される一方で、人手不足はより深刻化することが懸念されています。本コースでは、令和時代にやるべき5つの課題への対応策を、当社の実践事例を交えてご紹介します。

川縁 啓介氏

コンカー
コマーシャル営業本部 本部長代理

企業を取り巻くビジネス環境は厳しさを増しており、売上増大とコスト管理を今以上に進めていく必要があります。企業の多くは製品やサービスに直結する直接費の管理はかなりのレベルで高度化が進んでいる一方、間接費に関しては適切なコスト管理手法を持ち合わせていない日本企業がほとんどです。本セミナーでは間接費管理の考え方やお客様事例を交えて実際の効果をご紹介いたします。

岩元 慎弥氏

第一生命保険
事務企画部課長 

第一生命は2018年度からRPAの大規模な展開を進め、現在は約16万時間の仕事をRPAが行っています。デジタル技術により業務のオートメーション化を進めるにはRPAやAIを業務の内容に合わせて最適に掛け合せて展開し効果を最大化していくことが重要です。第一生命が進めるRPAとAIによるデジタルトランスフォーメーションの取り組みを紹介します。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる