• HOME
  • 日経ビジネスイノベーションフォーラム 「日本の創薬ベンチャーはグローバルで戦えるのか? ~創薬ベンチャーの課題と未来を考える~」

日経ビジネスイノベーションフォーラム
「日本の創薬ベンチャーはグローバルで戦えるのか?
~創薬ベンチャーの課題と未来を考える~」

お申し込みはこちら

リンクをコピー

グローバルの医薬品売上は、200兆円とインターネットのBtoB市場よりも大きなマーケットになっており、この大きなマーケットを生み出す主体は、製薬会社から創薬ベンチャーに移行してきています。日本は、米国、スイスに次ぐ世界第3位の医薬品創出国であり、まだまだ日本の創薬ベンチャーが世界的な薬を創出する可能性を秘めているのではないでしょうか?アカデミア、製薬会社、創薬ベンチャーなど創薬にかかわる専門家とともに様々な角度から日本の創薬ベンチャーの未来を考えます。

概要OVERVIEW

開催日時
2024/3/15(金)
13:00~16:00(12:30開場)
会場
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル 3階)
受講料
無料(事前登録制)
定員
500名
主催

日本経済新聞社 イベント・企画ユニット

協賛

新生キャピタルパートナーズ

締め切り

2024/3/8(金)

お問い合わせ

日経ビジネスイノベーションフォーラム事務局

https://conf1.nep-sec.jp/form/GumniC

プログラム Program

13:00~13:35 基調講演

「アカデミアからグローバルで戦える創薬の実現」

東京大学大学院理学系研究科 教授/ペプチドリーム 創業者/ミラバイオロジクス 取締役 菅 裕明氏

13:35~14:10 基調講演

「再び光り輝く製薬産業を目指して 〜グローバル視点で成長する〜」

元バイエル薬品 取締役 会長 栄木 憲和氏

14:10~14:25 休憩

14:25~15:40 パネルディスカッション

「日本の創薬ベンチャーに足りないものは何か?」

<パネリスト>
そーせいグループ 執行役副社長 CFO 野村 広之進氏
Veritas In Silico 代表取締役社長 中村 慎吾氏
Chordia Therapeutics 代表取締役 三宅 洋氏
新生キャピタルパートナーズ パートナー 栗原 哲也氏

<モデレーター>
日経BP 日経バイオテク編集長 久保田 文氏

15:40~16:00 質疑応答

※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者 Speaker

菅 裕明氏

東京大学大学院理学系研究科 教授
ペプチドリーム 創業者
ミラバイオロジクス 取締役

1994年からマサチューセッツ総合病院・ハーバード大学医学部博士研究員。97年、ニューヨーク州立バッファロー大学にてAssistant Professor、2002年から03年同大Tenured Associate Professorを務めた。その後、東京大学先端科学技術研究センター准教授、05年から教授、10年から同大大学院理学系研究科教授に就任、現在に至る。06年ペプチドリーム社創業、18年に同社取締役退任。17年ミラバイオロジクス社創業、取締役を務める。

栄木 憲和氏

元バイエル薬品 取締役 会長

1979年日本チバガイギーに入社。1994年バイエル薬品に入社後、97年よりバイエル薬品取締役、滋賀工場長に就任。2002年より06年まで同社代表取締役社長、07年より14年まで同社代表取締役・取締役会長。その間、日本製薬工業協会理事、財団法人日本心臓財団理事、大阪医薬品協会理事・副会長、日本PDA理事、ISPE国際メンバーなどを務める。14年に米国NJに移住後はニューヨークコンサルティングABPSグループに所属し、現在に至る。

野村 広之進氏

そーせいグループ 執行役副社長 CFO

2009年に東北大学 薬学修士号を取得後、三菱総合研究所で主にヘルスケア領域のコンサルタントとして勤務。その後15年から、みずほ証券にて、日本のバイオテクノロジーセクターをカバーする日本で最も経験豊富で評価の高い サーチアナリストとして活躍。20年、みずほ証券からそーせいグループのシニアヴァイスプレジデント、IR & コーポレートストラテジー部長として入社。22年3月に同社執行役 CFOに就任。

中村 慎吾氏

Veritas In Silico 代表取締役社長

2000年に名古屋大学大学院にて博士号取得。その後、米国Yale大学にて博士研究員として、核酸の分子細胞生物学について研究。03年に武田薬品工業入社、研究所にてmRNAに対する低分子創薬プロジェクトを運営。11年、Dow Chemical営業部マネージャー、Catalent Pharma Solutions事業開発ディレクターを経て、産業革新機構にて核酸医薬品バイオテク企業3社の取締役を務めた。16年にVeritas In Silicoを設立し、同年代表取締役に就任。

三宅 洋氏

Chordia Therapeutics 代表取締役

1998年に武田薬品工業に入社、HIVウイルス研究やがん領域の創薬に携わり、癌創薬ユニットで日本サイトヘッドを務めた。20年以上の創薬研究の経験を有し、6つのプログラムで臨床試験の開始に貢献した。2017年11月、武田薬品工業より独立、共同創業者とともにChordia Therapeuticsを設立し、代表取締役社長・CEOに就任、現在に至る。大阪大学薬学部卒業、東京大学大学院薬学系研究課博士課程修了、薬学博士。

栗原 哲也氏

新生キャピタルパートナーズ パートナー

東京大学農学部にて、「腸内細菌による消化管の免疫機構への影響」について研究した後、2009年にシティグループ証券入社。投資銀行本部にて製薬業界のM&Aを担当。12年からはバイエル薬品およびドイツBayer AG にてCVC投資やベンチャーのインキュベーションに従事。19年に新生キャピタルパートナーズに入社し、創薬ベンチャーへの投資を手掛ける。カンパニークリエーションにより設立した創薬ベンチャーで20年より22年まで社長を務めた。

久保田 文氏

日経BP 日経バイオテク編集長

2002年、東京農工大学農学部卒業後、日経BPに入社。日経バイオビジネス(現在休刊)、日経バイオテクの記者を経て、09年から日経メディカルの記者として、終末期医療や東日本大震災などを取材・執筆。14年1月から日経バイオテク副編集長兼日経メディカル副編集長、23年4月から現職。創薬技術のトレンドやバイオ・ヘルスケア分野のスタートアップの動向を取材・執筆している。国内300社超を網羅した「バイオ・ヘルスケア スタートアップ総覧 2023-2024」を販売中。


リンクをコピー

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINARS

マイページよりお申し込み
内容をご確認頂けます

日経ID(※1)でお申し込みいただいた、
マイページ対応しているイベント(※2)が確認できます。

  • 日経IDの詳細はこちら
  • 完了メールが
    xxx@mail.register.nikkei.co.jpから送信されたもの。
    (日経イベント&セミナーで紹介している全てのイベントのお申し込み状況を確認できるものではありません。)

閉じる