4監査法人合同フォーラム
「今、監査法人に求められる使命」
-グローバル化・デジタル化する経済社会の未来のために-

この度、有限責任 あずさ監査法人、EY新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、PwCあらた有限責任監査法人は、日本経済新聞社と共催で、4監査法人合同フォーラムを開催する運びとなりました。

企業環境のグローバル化・デジタル化はさらに加速しています。また、近く監査報告書への「監査上の主要な検討事項」の記載が始まるなど、財務報告のサプライチェーンの一端を担う監査法人に対する資本市場からの期待も高まっています。

私たちは、資本市場の発展、さらには国民経済の未来のために、監査法人が果たすべき使命について、ステークホルダーの皆様と共有すべく、「今、監査法人に求められる使命」-グローバル化・デジタル化する経済社会の未来のために-と題したフォーラムを開催します。各監査法人からの登壇者に加えて、外部有識者をお招きし、監査法人が果たしていくべき役割や高度化する監査の将来像について議論します。

なお、今回のフォーラム開催にあたっては、PwC京都監査法人、太陽有限責任監査法人及び三優監査法人のご協力を頂いております。

概要OVERVIEW

開催日時
2019年1月24日(木)
14:00~17:00 (開場13:30)
会場
日経ホール
(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
定員
600名
参加費

無料

主催

有限責任 あずさ監査法人
EY新日本有限責任監査法人
有限責任監査法人トーマツ
PwCあらた有限責任監査法人

共催

日本経済新聞社

締め切り

2018年12月28日(金)

・お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。当選の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
・ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ先

4監査法人合同フォーラム事務局

TEL:03-6812-8695 (受付時間/9:30~17:30 土・日・祝日、12/27~1/3を除く)
メールアドレス: kansa-goudo-f@nex.nikkei.co.jp

プログラムPROGRAM

13:30~14:00 開場

14:00~14:05 開会挨拶

14:05~15:30 パネルディスカッション 第1部

「資本市場の発展のために監査法人が果たすべき役割」

<パネリスト>
有限責任 あずさ監査法人 理事長 酒井 弘行
EY新日本有限責任監査法人 理事長 辻 幸一
有限責任監査法人トーマツ 包括代表 國井 泰成
PwCあらた有限責任監査法人 代表執行役 木村 浩一郎

<ゲストパネリスト>
金融庁 企画市場局 審議官 古澤 知之氏

<ファシリテーター>
日本投資顧問業協会 会長 日本公認会計士協会 理事 大場 昭義氏

15:30~15:50 休憩

15:50~16:50 パネルディスカッション 第2部

「財務報告のサプライチェーンにおける監査法人の役割とKAMの導入」

<パネリスト>
有限責任 あずさ監査法人 専務理事 金井 沢治
EY新日本有限責任監査法人 経営専務理事 紙谷 孝雄
有限責任監査法人トーマツ 執行役 市川 育義
PwCあらた有限責任監査法人 執行役副代表 木内 仁志

<ファシリテーター>
日本経済新聞社 編集委員兼論説委員 藤田 和明

16:50~17:00 共同声明の発表

※プログラム内容・講演者・時間は変更する場合がございます。

登壇者SPEAKERS

【ゲストパネリスト(第1部)】
古澤 知之氏
金融庁 企画市場局 審議官

1964年生まれ。86年東大法卒、大蔵省入省。金融庁企業開示課長、市場課長、政策課長などを歴任。2016年6月に現職に就任し、監査法人ガバナンス・コードの策定やコーポレートガバナンス・コードの改訂などを担当。

【ファシリテーター(第1部)】
大場 昭義氏
日本投資顧問業協会 会長 日本公認会計士協会 理事

スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードの会議メンバーとして投資家の立場から策定に貢献。早大政経卒。みずほ信託銀行常務、東京海上アセットマネジメント社長を経て現職。日本証券アナリスト協会会長も務めた。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR