シンポジウム
第2回 日本の資産形成と金融機関の未来

リンクをコピー

65歳以上の人口が3500万人を超え、全人口の3割に迫る日本では、 介護や資産承継といった老後の諸問題を正しく認識し、あらかじめ準備をしておくことが、これまで以上に重要になります。本シンポジウムでは、MUFG資産形成研究所が実施した「退職前後世代の老後の生活に関する意識調査」などをもとに、日本人の健全な資産形成のために金融機関が果たすべき役割とその未来像について考えてまいります。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019年7月17日(水)
13:30~16:10 (開場13:00)
会場
JPタワーホール
(東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE4階/JR東京駅徒歩約1分)
受講料
無料
定員
300名
主催

日本経済新聞社イベント・企画ユニット

協賛

MUFG資産形成研究所、三菱UFJ信託銀行

締め切り

2019年7月8日(月)

※抽選のうえ、当選者に受講メールをお送りいたします。落選の方には、落選メールをお送りします。
※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本シンポジウムの実施目的以外には使用いたしません。
※本シンポジウムは、一般個人投資家の方を対象としたものではございません。

お問い合わせ

「日本の資産形成」事務局

TEL: 03-3545-2371 (10:00~18:00 土・日・祝日を除く)

プログラムPROGRAM

13:30~13:35 開会挨拶

猿田 昌洋氏 (三菱UFJ信託銀行 常務執行役員)

13:35~14:15 基調講演

「人生100年時代の健康を考える」
新井 康通氏 (慶應義塾大学 医学部 百寿総合研究センター 専任講師)

14:15~16:10 退職前後世代の老後に向けて金融機関が果たすべき役割

14:15~14:45 所長講演
正岡 利之氏 (MUFG資産形成研究所 所長)

14:55~16:10 パネルディスカッション
神戸 孝氏 (FPアソシエイツ&コンサルティング 代表取締役)
藤沢 久美氏 (シンクタンク・ソフィアバンク 代表)
奥村 太作氏 (ベネッセスタイルケア 執行役員)
吉野 智氏 (東葉法律事務所 弁護士)
菅谷 和宏氏 (MUFG資産形成研究所 主任研究員)



※プログラム、出演者は変更される場合がございます。

登壇者SPEAKERS

猿田 昌洋氏

三菱UFJ信託銀行
常務執行役員

新井 康通氏

慶應義塾大学 医学部
百寿総合研究センター 専任講師

神戸 孝氏

FPアソシエイツ&コンサルティング
代表取締役

藤沢 久美氏

シンクタンク・ソフィアバンク
代表

奥村 太作氏

ベネッセスタイルケア
執行役員

吉野 智氏

東葉法律事務所
弁護士

正岡 利之氏

MUFG資産形成研究所
所長

菅谷 和宏氏

MUFG資産形成研究所
主任研究員

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

リンクをコピー