日経ユニバーシティ・コンソーシアム
データサイエンスが拓く未来フォーラム2018
~スマートソサエティーを担う産学連携人材育成と経営視点からの最新ビジネスソリューション~

次代の「超スマート社会(Society5.0)」を担うAIやIoTなどのテクノロジー。その基盤となる膨大なデータの分析・活用を担う「データサイエンス人材」の育成は産学を挙げて取り組むべき喫緊の課題です。また、既にビジネスの最前線で展開されている様々なデータの利活用について、経営やマネジメントレベルでの浸透が、これからの日本経済・社会がデータ社会として発展してゆくには欠かせません。今回のフォーラムでは、第1部「データサイエンス~産学連携教育研究セッション」、第2部「新たなビジネスを創造するデータアナリティクスの最前線セッション」の2部構成で、データ社会が拓く未来について発信します。

キーワードタグ
  • データサイエンス
  • 滋賀大学

概要OVERVIEW

開催日時
2018年3月2日(金)
10:00~17:00(開場 9:30)
会場
大手町フィナンシャルシティ カンファレンスセンターホール
受講料
無料
定員
350名
締切日

2018年2月20日(火)

特記事項

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。

主催

滋賀大学/日本経済新聞社

協賛

野村総合研究所、伊藤忠テクノソリューションズ、SAS Institute Japan、あいおいニッセイ同和損害保険、
パーソルキャリア、京都銀行、関西アーバン銀行、東レエンジニアリング、滋賀銀行

特別協賛

情報・システム研究機構 統計数理研究所

後援

高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(申請中)、総務省、文部科学省

お問い合わせ

「日経データサイエンスフォーラム事務局 」
Tel:03-3545-2437(営業時間:平日10:00~18:00 土日祝日除く)
E-mail: face2@inc.email.ne.jp

プログラムPROGRAM

10:00~10:05 開会挨拶

滋賀大学 学長 位田 隆一 氏

10:05~10:30 基調講演 1

『データが人を豊かにする社会-官民データ利活用社会-の実現』
内閣官房 IT 総合戦略室 内閣参事官 奥田 直彦 氏

10:30~10:55 基調講演 2

『超スマート社会に向けたデータサイエンス人材育成』
情報・システム研究機構 統計数理研究所 所長 樋口 知之 氏

10:55~12:00 パネルセッション

『滋賀大学が取り組む産学連携データサイエンス』
<パネリスト>
あいおいニッセイ同和損害保険 経営企画部テレマティクス事業室 担当次長 大沼 顕介 氏
野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部 戦略IT研究室 上席コンサルタント 大川内 幸雄 氏
パーソル キャリア Innovation Lab. 鹿内 学 氏
<ファシリテーター>
滋賀大学データサイエンス学部長 竹村 彰通 氏

12:00~13:30 昼休憩

13:30~14:10 特別講演

『AI、IoT時代の経営革新』
フューチャー 代表取締役会長兼社長 グループCEO 金丸 恭文 氏

14:10~14:50 講演 1

『デジタル社会に求められる人と組織とは ~産学連携による教育イノベーションが鍵~』
伊藤忠テクノソリューションズ 公共・広域事業グループ 技監(兼)ビジネスデザイン部 部長 野村 典文 氏

14:50~15:30 講演 2

『ビジネス変革の実現に向けたデータサイエンスの使い方(仮題)』
野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部 システムデザインコンサルティング部 上級データサイエンティスト 沼澤 優 氏

15:30~15:40 休憩

15:40~16:20 講演 3

『データサイエンティストの真髄はビジネス価値創出~利益を生み出す鍵は「アナリティクス・ライフサイクル」に在り』
SAS Institute Japan ビジネス開発グループ エバンジェリスト 畝見 真 氏

16:20~17:00 クロージング対談

『会社・組織・ビジネスを変えるデータ分析とは?』
大阪ガス 情報通信部 ビジネスアナリシスセンター 所長 河本 薫 氏
滋賀大学データサイエンス学部長 竹村 彰通 氏

登壇者SPEAKERS

位田 隆一 氏

滋賀大学 学長

京都大学法学修士。フランスD.E.A(droit international)(パリ第2大学)。京都大学大学院法学研究科博士課程中途退学。フランスパリ第2大学高等研究課程(D.E.A)修了。1986年11月京都大学法学部教授。92年4月京都大学大学院法学研究科教授。2012年3月京都大学を定年により退職。滋賀大学監事、同志社大学大学院グルーバル・スタディーズ研究科特別客員教授等を経て、16年4月より現職。京都女子大学客員教授、公益財団法人国際高等研究所副所長。

奥田 直彦 氏

内閣官房 IT総合戦略室 内閣参事官

・平成 6年 4月 総務庁採用
・平成 17年 4月 同 行政管理局行政情報システム企画課
             課長補佐
・平成 19年 7月 同 統計局統計情報システム課課長補佐 
・平成 22年 7月 同 統計局総務課調査官
・平成 26年 7月 同 統計局統計情報システム課長
・平成 27年 7月 同 行政管理局管理官
・平成 28年 6月 内閣官房IT総合戦略室参事官

樋口 知之 氏

情報・システム研究機構 統計数理研究所 所長

1989年東京大学理学系研究科博士課程修了後、文部省統計数理研究所に入所。2011年より情報・システム研究機構理事統計数理研究所長。専門はベイジアンモデリング。最近は,データ同化およびエミュレーション(シミュレーションの機械学習による簡便代替法)の研究に注力している。日本統計学会、応用統計学会、電子情報通信学会、人工知能学会、日本応用数理学会、日本バイオインフォマティクス学会、日本マーケティング・サイエンス学会等の各学会の会員。一般社団法人データサイエンティスト協会顧問。また,日本学術会議の数理科学及び情報学分野の連携会員でもある。

大沼 顕介 氏

あいおいニッセイ同和損害保険 経営企画部テレマティクス事業室担当次長

ソニー株式会社でシニアデータサイエンティストとしてデータ分析チームを立ち上げ、スマホアプリの顧客分析、マーケティング分析、コンテンツ推薦システムの開発などの業務を統括。2017年3月にあいおいニッセイ同和損害保険株式会社に入社し、自動車の走行データを基にした安全運転スコアリングシステムの開発や保険成約データを用いた顧客分析などの業務を担当。産学連携によって滋賀大学内に設立された日本セーフティソサイエティ研究センターの副センター長を兼務し、データ分析の高度化およびデータサイエンティスト育成にも従事。

大川内 幸雄 氏

野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部 戦略IT研究室 上席コンサルタント

1993年野村総合研究所に入社。金融業界向けのシステム企画・開発を担当。2001年ボストン大学経営大学院修了。02年より現在に至るまでシステムコンサルティング業務に従事。専門はデジタル技術を活用した業務革新、IT戦略、ITガバナンスなど。

鹿内 学 氏

パーソル キャリア Innovation Lab.

奈良先端科学技術大学院大学 博士(理学)。2008年から京都大学大学院 医学研究科、情報学研究科にて教員・研究員として基礎研究に従事(https://researchmap.jp/shika ※)。その間、学際融合人材の社会人育成プロジェクトにも携わる。学際融合教育研究推進センター 主任フェローもつとめる。15年より、軸足をビジネスサイドにうつし、ビジネスとアカデミックを横断しながら、パーソナルIoTによるピープル・アナリティクスや、データサイエンティスト育成事業「Data Ship」など、HR x Data 領域で新規事業開発に取り組む。
※URLをクリックすると外部サイトへ遷移します。

竹村 彰通 氏

滋賀大学データサイエンス学部長

東京大学大学院経済学研究科(経済学修士)。スタンフォード大学(Ph.D. in Statistics)。1997年4月 東京大学大学院 経済学研究科 教授。2001年4月 東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授。16年4月 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター長 17年4月より現職。専門は数理統計学、統計的決定論、計算代数統計学。11年4月日本統計学会会長(13年6月まで)。

金丸 恭文 氏

フューチャー 代表取締役会長兼社長 グループCEO

神戸大学工学部卒。1989年にフューチャーシステムコンサルティング(現フューチャー)を設立、2016年に持株会社体制に移行し会長兼社長グループCEOに就任。フューチャーグループは「ITコンサルティング&サービス事業」と「ビジネスイノベーション事業」の2軸でテクノロジーをベースとしたビジネスを展開し、デジタルマーケティング、IT教育、ECなどを中心に様々な分野で新しいサービスを創造している。

野村 典文 氏

伊藤忠テクノソリューションズ 公共・広域事業グループ 技監(兼)ビジネスデザイン部 部長

大型システム開発のPM経験を経て、システムコンサルティングに従事。 主にIT戦略、システム企画・計画、要求分析などの超上流を担当し現在に至る。近年は、データを活用したデジタル改革(DX)・サイバーセキュリティー対策支援に取り組む。

沼澤 優 氏

野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部 システムデザインコンサルティング部 上級データサイエンティスト

2002年株式会社野村総合研究所入社。専門は、小売流通サービス分野および製造・金融分野における業務改革、IT導入支援など近年は、ビッグデータ、AI、IoTなど、データ活用に関するコンサルティングに従事。16年より現職。

畝見 真 氏

SAS Institute Japan ビジネス開発グループ エバンジェリスト 

データ分析によりビジネス価値を創造する「ビジネス・アナリティクス」を日本市場に浸透させる活動に長年従事し、金融・製造・通信業を中心に数多くのアナリティクス・プロジェクトの提案に参画。現在はAIプラットフォームなど新たなテクノロジーの活用に特化した提案を担当している。ディープラーニングや機械学習などのAIテクノロジーや大規模分析基盤アーキテクチャについての豊富な知見、経験を持つ。新たなテクノロジーでも分かりやすく解説するプレゼンテーションには定評があり、満足度の高い講演を年間、数多く行っている。

河本 薫 氏

大阪ガス 情報通信部 ビジネスアナリシスセンター 所長

大阪ガス情報通信部ビジネスアナリシスセンター所長。1989年、京都大学工学部数理工学科卒業。1991年、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修了。同年、大阪ガス入社。98年、米ローレンスバークレー国立研究所でデータ分析に従事。2011年、社内のデータ分析専門組織「ビジネスアナリシスセンター」の所長に就任(現職)。13年、日経情報ストラテジーが選出する「データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー」の初代受賞者に。大阪大学招聘教授を兼任。博士(工学、経済学)。近著に、「会社を変える分析の力」(講談社現代新書)、「最強のデータ分析組織」(日経BP)がある。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR