【大阪開催】
日経健康セミナー21スペシャル
人工心臓でつなぐ未来 ~患者の社会復帰を考える~

リンクをコピー

日本では、高齢化や食生活などの生活習慣の変化により、「心不全」患者数は年々増加し、現在では約120万人と推定されています。国内における心臓病による死亡原因のトップは「心不全」です。「心不全」が重症化した場合、最終的な治療法として心臓移植がありますが、心臓移植に適したドナーが現れるまでの待機期間に施す治療法として「補助人工心臓」の装着があります。
本セミナーでは、「心不全」の基本的な知識から最新の治療法について、また「補助人工心臓」を装着することによってもたらす患者の社会復帰、雇用の実現について、医師の基調講演やパネルディスカッションで解説、ご紹介いたします。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019/11/25(月)
13:30~16:00(開場時間13:00)
会場
インターコンチネンタルホテル大阪 2F HINOKI
(大阪府大阪市北区大深町3-60 グランフロント大阪北館タワーC)
受講料
無料
定員
200名
主催

日本経済新聞社

協賛

ニプロ

申し込み締切日

2019/11/14(木)

*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
当落の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本セミナーの実施目的以外には使用いたしません。

お問い合わせ

「日経健康セミナー21スペシャル事務局」
TEL 03-3545-1872  (受付時間/10:00~18:00 土・日・祝日を除く)

プログラムPROGRAM

13:30~14:30 基調講演

「人工心臓のFuturability」
大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科 教授 澤 芳樹 氏

14:30~14:40 休憩

14:40~16:00 パネルディスカッション

「人工心臓で社会、職場復帰を可能にするために必要なこととは」
大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科 教授 澤 芳樹 氏
大阪大学医学部附属病院 移植医療部 レシピエント移植コーディネーター 久保田 香 氏
元補助人工心臓装着者 小間 智子 氏
アナウンサー 渡辺 真理 氏
ほか
※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

登壇者SPEAKERS

澤 芳樹 氏

大阪大学大学院 医学系研究科
心臓血管外科 教授

1980年大阪大学医学部第一外科入局。89~92年ドイツMax-Planck研究所心臓生理学部門、心臓外科部門に留学。2006年より大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科主任教授(現職)。医学部附属病院未来医療センター長、同臨床医工学融合研究教育センター長、15年~17年同大学医学系研究科研究科長、医学部長などを歴任、現在に至る。日本再生医療学会理事長も兼任。

久保田 香 氏

大阪大学医学部附属病院 移植医療部
レシピエント移植コーディネーター

2001年 公立八鹿病院看護専門学校卒業。
2001年~2003年 三田市民病院にて病棟看護師として看護業務に従事。
2003年より大阪大学医学部附属病院にて専従レシピエント移植コーディネーターとして勤務現在に至る。
2009年11月 人工心臓管理技術認定士取得。
2011年10月 認定レシピエント移植コーディネーター取得。
2017年5月より日本人工臓器評議員を務める。

渡辺 真理 氏

アナウンサー

1967年神奈川県横浜市生まれ。横浜雙葉小中高、ICU国際基督教大学卒業。90年TBSにアナウンサーとして入社。98年フリーに。フリー転身後は「ニュースステーション」(テレビ朝日)「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」(朝日放送)などに出演。現在は「知られざるガリバー」(テレビ東京)出演、雑誌「eclat」連載等、テレビ、ラジオ、執筆活動、コンサートの司会など幅広く活動中。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー