「金融の未来」をさぐる
米西海岸ビジネス視察団 7日間

リンクをコピー

経済メディアならではの「ライブ・コンテンツ」を提供します

グローバル化・デジタル化という大きな潮流のなかで最も激しい変化に直面しているのが金融決済の分野です。仮想通貨やキャッシュレス決済、ブロックチェーンが話題を呼んでおり、「金融の未来」がどんな姿になるのかを把握することはあらゆるビジネスにおいて重要な課題といえるでしょう。金融×テクノロジーをテーマに、日本経済新聞社は「ライブ感あふれるコンテンツ」が売り物のビジネス視察団を編成します。

コンサルタントに任せきり、工場やオフィスを一巡りするだけの単純な視察ツアーではありません。企業幹部や起業家、有識者に直接会い、質問をぶつけて議論を交わし、彼らがどんな「金融の未来」を描いているのかを引き出していただきます。新聞記者のように足で稼ぎ、耳で聞き、肌で感じることで最先端の世界を体験して下さい。

 

◆世界最大規模のフィンテックイベント「Money20/20 USA」に参加(チケット代は視察代金に含まれます)

 

*視察団長は、東京大学大学院 経済学研究科・経済学部 柳川範之教授です。

*Money20/20(集団行動の場合)、ワイナリー巡りの際は専門の日本語通訳者が同行します。

また、視察終了後に視察団リポートを送付します。

 

Money20/20(マネー・トウェンティ・トウェンティ)

英エッセンシャル・グループが運営する世界最大規模のフィンテックカンファレンス。毎年秋に米国ラスベガスで開催されるイベントには約3500社が参加し、1万2000人が来場する。フィンテックやキャッシュレス決済、仮想通貨、ブロックチェーンといった金融とテクノロジーをテーマに企業経営者や起業家、専門家らが情報交換するほか、人脈作りの機会ともなっている。

 

 

※「ナパのワイナリーをめぐる 米西海岸ビジネス視察団 7日間」と同一ツアーです。

キーワードタグ

概要OVERVIEW

開催日時
2019/10/26(土)~2019/11/1(金)
主催
日経カルチャー(日本経済新聞社プロデュース)
申し込み締め切り
2019年10月7日(月)
お問い合わせ
日経カルチャー
e-mail : biztour@nikkeicl.co.jp
TEL 03-5259-2990 <営業時間> 9:30-17:00(土日祝休)
視察料(旅行代金)

1,150,000円(エコノミークラス利用) 

※ビジネスクラス等ご希望の場合はお問合せ下さい。

850,000円(現地参加) 

※東京~ラスベガス、サンフランシスコから東京のフライトおよび宿泊代が含まれておりません。ご自身で手配いただきます。

視察団長からのメッセージ

東京大学大学院 経済学研究科・経済学部 柳川範之教授

 海外視察の醍醐味は、現地の空気に触れることで、マスコミ情報だけでは得られない、生の知識や情報が得られることだろう。街の景色や歩く人の顔つきを見るだけでも、景気を伺い知ることができ、数字には表れない実態が垣間見えたりする。ましてや、現地の経営者やベンチャー起業家と議論することができれば、そこから得られるインプットは、かなり大きいものがあるはずだ。

 特に今回の視察地は、世界のイノベーションの中心であるアメリカ西海岸ということで、様々な刺激を受けられるに違いない。単なる観光で訪れるのとは違い、最先端のビジネスの実態や、研究開発の現場に触れることができる視察は、その分野が専門ではない業種の方々にも、いろいろな形でインスピレーションを得るきっかけになるだろう。なぜなら、現在は業種を超えた連携に多くの勝機がある時代だからだ。たとえ、直接的な連携や提携に結びつかなくても、異分野の、特に最先端で活躍している人々の話を聴き、その熱意に触れることは、それぞれのビジネスにとって得るものは大きいのではないだろうか。

 個人的には、今はマネーという経済活動の根幹にかかわる部分について、大きな技術革新が起き始めており、それが経済全体にとって、あるいはマネーや貨幣的サービスのあり方にとって、どのようなインパクトがあるものなのか、その将来予測の糸口が得られればと、考えている。

日本ではキャッシュレスという言葉がポピュラーになり、現金を使わない形での決済が増えようとしている。しかし、それだけではなく、フェイスブックのリブラのように、今までのマネーとは異なるマネーやサービスが、様々な形で今後現れてくる可能性がある。まだまだ、どこのどんなサービスが主流になるのか、明確な予測ができるような段階ではない。しかし、そのような状況だからこそ、現地に行って、イノベーションの最先端に触れ、未来に起こる変化の兆候を探ることが一層重要なのではないだろうか。

現地の様子

備考

利用予定ホテル:ベラッジオ(ラスベガス)等、インターコンチネンタル マーク・ホプキンス(サンフランシスコ)等

利用予定航空会社:日本航空

添乗員:同行   最少催行人数:15人   食事:朝5/昼4/夕1(機内食除く)

 

※訪問する企業、ワイナリーは変更される場合があります。

 

※燃油サーチャージ(28,600円/現地参加は現在不要)と国内外空港諸税(10,080円/現地参加は6,540円)、国際観光旅行税(1,000円/現地参加は不要)は含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。※表示金額とプログラムは9月10日現在の予定です。なお、今後変更される可能性もあります。※ビジネスクラス等ご希望の方はご相談ください。現地集合/解散の詳細についてはお問い合わせください。

その他のおすすめイベント、セミナーOTHER EVENTS & SEMINAR

公式SNSアカウントはこちら!

日経グループのイベント情報を
より身近にお届けしています!

リンクをコピー